肌のプラスマイナス3要素|肌の再生医療(専門)RDクリニック

肌のプラスマイナス3要素

肌のプラスマイナス3要素

肌に大切な3要素、大敵な3要素

肌の大切な3要素は、いずれも真皮線維芽細胞から生成されます。

コラーゲンは肌のボリュームの大部分を占める真皮の主要な構成成分のひとつです。様々な種類のコラーゲンが知られておりますが、真皮にはI型コラーゲンが豊富に存在します。きわめて丈夫な性質を持つため肌を形作るための重要な働きを持ち、肌のハリ弾力性にかかわっております。

ヒアルロン酸は水分を保持する能力に優れた高分子多糖で肌に豊富に存在しています。コラーゲンと同様に真皮線維芽細胞などから生成され、その高い保水機能により肌に潤いやハリ、弾力性をもたらす重要な役割を担っております。

エラスチンはコラーゲンと同様に、おもに肌の真皮内に存在する繊維状の成分です。そのゴムのように伸び縮みする性質により、肌に柔軟性をもたらします。真皮に含まれるエラスチンはコラーゲン線維にからみつくことでコラーゲンとともに肌のハリ、弾力性を維持しております。

肌のプラス3要素

真皮線維芽細胞の大敵な3要素

肌にとても大切な働きをする真皮線維芽細胞にとって、大敵な3要素があります。年齢による老化のみならず、紫外線、活性酸素など日々のストレスによって確実にその数が減少してしまいます。その結果、肌はハリを失い、シワやたるみ等、肌の悩みが生じることとなります。

肌に大敵な3要素

肌の構造について

肌細胞のすごい働き

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
私たちの再生医療
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP