何もしない、をする!「肌断食」|肌の再生医療(専門)RDクリニック

何もしない、をする!「肌断食」

この記事を書いた人

RDクリニック東京銀座院長
田中 牧惠 医師

田中医師のプロフィールはこちら

田中医師の診療カレンダーはこちら

みなさんは「肌断食」ってご存知ですか?
平野卿子さんという方が書かれた本です。

以前私のブログでも似たような内容で取り上げたことがあります。(こちら>>)
では、今回は「肌断食」について、解説いたします。

あまりやりすぎるとかえってお肌は荒れる

あまりやりすぎるとかえってお肌は荒れる

さて、「肌断食」のお話の前に、「あまりやりすぎるとかえってお肌は荒れる」というのは御存知ですか?
実際に修道女の肌や尼僧の肌は綺麗と言われています。
TV番組(ためしてガッテン)の実験でも30代の毎日手入れされている肌より80代の女性のほうが肌のターンオーバーも順調で水分量も多いという結果が出たのを見た方もいるでしょう。
何もつけない上腕などの方が、条件が同じでも顔よりきれいですよね?
それがまさに肌に余計なことはしない「肌断食」なんです。

実は私も10年前から何もつけないで生活してます。(あ、メイクはします。いざという時は)
私の50代の友人も肌荒れで某大学皮膚科を受診してから「顔には何もつけない」ことを実践してます。
最初は突っ張ります。かさつきます。
「それが本来の姿で、クリームで滑らかになるのはクリーム自身の働きであって、肌の水分量が増えたわけではない」と病院では言われます。

美容液やクリームでツルツルすると、かえってごまかされちゃいますよね?
そして結構多いのが「スキンケアはするけどお化粧はしません」という人。
それってとても清々しく感じる方が多いかもしれませんが実は逆です。
メーキャップはせいぜい外出時の数時間。
スキンケアは朝には朝の、夜には夜の、就寝時には就寝時の、「何か」を顔につけている訳です。
そうすると肌が素のままで呼吸する時間はゼロに等しいのです。
それでは肌の自己再生機能の発揮する暇がありません。

「肌断食」実践!

では「肌断食」どうするか?というと
例えばお風呂上りに顔をそのままにしておくと突っ張る感じがありますね?
そこでしばらく我慢します。
30〜40分もすれば自然に肌の皮脂が分泌されて気にならなくなるはずです。

もしそれでもピリピリするならその部分だけ薄くワセリンを付けてください。
よほどの荒れでなければそれで充分です。
もし急に変えるのが怖いならば、せめて週末だけ実行してみましょう。

どうですか?
肌本来の美しさを取り戻すべく、しばらく「肌断食」を実践してみませんか?

慣れれば楽ですよ〜(^^)

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
私たちの再生医療
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP