乾燥肌は、食べて予防!? |肌の再生医療(専門)RDクリニック

乾燥肌は食べて予防!?

この記事を書いた人

RDクリニック受付スタッフ

今回はビタミンAを、「お肌の乾燥」の観点から、ご紹介させていただきたいと思います。
先ずは、お肌に大切な、基本的なことをおさらいします。

お肌のケア

乾燥肌は食べて予防!?

外側には、適度なスキンケアが大切!

やたらと手をかけ過ぎずに、自己修復力を育てながら、お気に入りの化粧水やミルクで、ほどよくケアしましょう。

土台をしっかりさせるための、内側からのケアは重要!!

どんなに外から保湿等のケアをしても、地力のない肌は脆いです。
健康な皮ふを支えられるよう、基礎はしっかり整えましょう。

内側のケアには、「良い睡眠」「良い食事」が絶対条件。

良いお肌の状態を作るには、
・たんぱく質(バリア機能を守る)
・脂質(皮脂不足による乾燥を防ぐ)
・セラミド(栄養を与える)
・各種ビタミン(潤いと新陳代謝を促す)
など、様々な栄養素が必要です。

なお、みなさんもうご存知のこととは思いますが、「コラーゲン鍋」とか「コラーゲンドリンク」とかコラーゲンを食しても、お肌に直接コラーゲンが届いて潤いぷるるん肌☆になるかというと、なりません。
食べたコラーゲンは、タンパク質として体内に吸収され、腸の中でアミノ酸に分解されてから体の各所に届けられます。
各所ということは「食べる=お肌にそのまま作用する」なんて都合よく届くことはない、ということですね。

良質なタンパク質をとり、そこからコラーゲンの合成に必要なビタミンCや、鉄、亜鉛などのミネラルもしっかり摂ることを意識するようにしましょう。

そんな大切な栄養成分ですが、ひとつだけ重点的に摂れば良く働くかというとそうではなく、たとえばビタミンEとビタミンCを共に摂ることで効果的に働いたりするのでサプリメントだけで必要な栄養素を補おうとせず、食事から、幅広く・バランスよく、摂取することが近道だったりします。

要注意なのは、インスタント食品やジャンクフード。
塩分が過剰に入っていたり、添加物が多かったりと、体に行きわたる栄養バランスに偏りが生じてしまいますので、肌トラブルにもつながります。

お肌に良い食材がバランス良く入った簡単レシピ

では、お肌に良い食材がバランス良く入った簡単レシピをいくつかご紹介します!

春菊とパセリのジェノベーゼソーススパゲッティ

1.春菊 (βカロテン=潤い保持)
2.パセリ(βカロテン)
3.にんにく(アリシン=血行促進)
4.松の実(不飽和脂肪酸=かさつき予防)
5.オリーブ油(不飽和脂肪酸)
6.塩 (ミネラル=正常な代謝を維持)
7.こしょう(鉄=正常な代謝を維持)
8.スパゲッティ(炭水化物=ビタミン・ミネラルを効率よく吸収)
9.飾り用バジル
ビタミンC(春菊・パセリ)やビタミンE(松の実・にんにく)も同時に摂ることができます!

【作り方】
1〜7をミキサーに入れ、撹拌し、茹でた8に絡めて、9を飾れば出来上がり。
赤ワイン(ポリフェノール=抗酸化作用)と一緒にいかがでしょうか。

卵入り牛肉粥

1.卵 (レチノール=うるおい保持・タンパク質=バリア機能を守る)
2.牛肉(薄切り)(レチノール・タンパク質)
3.長ねぎ(白い部分)(ビタミンC)
4.しょうが(血行促進・体を温める)
5.胚芽米(ビタミンB1・ビタミンE)
6.塩

A.しょうゆ・砂糖・片栗粉
B.豆板醤・ごま油・大さじ1
C.水・固形スープ・しょうが

【作り方】
2を細切りにしてAをからめておく。
3と4は細切りにしてBで和えておく。
鍋に5とCを入れ、煮立ったら弱火で30分〜35分炊く。
炊けたら塩と2を加えてさっと火を通す。
器に盛って、1と3・4を乗せたら出来上がり。
紹興酒(マンガン=骨の健康を保つなど)を一緒に楽しむのも○。

わたしはお粥が大好きで、白がゆにお塩でも満足なのですが、それでは栄養が足りなさすぎですね。

みなさま、季節の変わり目の寒さには、食事からしっかりビタミンCを摂取して、対策してくださいね。

肌の再生医療のプランのご案内
春の増量キャンペーン実施中
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
私たちの再生医療
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP