クールタッチレーザーの効果や問題点、肌の再生医療との違いについて|肌の再生医療(専門)RDクリニック

クールタッチレーザーと肌の再生医療との違い

クールタッチレーザーと肌の再生医療との違い

クールタッチレーザーって何?

クールタッチレーザーは、「クールタッチ」と呼ばれる単一の波長を持つ、ロングパルスNd:YAGレーザーを用いた低温度のレーザー治療です。痛みを和らげる冷却機能がついたレーザーなので、照射した後すぐに冷却をするため痛みやヤケドが少ないというのが特徴です。個人差はありますが、ゴムを伸ばして手に当てる程度の痛さです。
クールタッチレーザーの治療方法は、レーザーを皮膚に照射し、 真皮層の目的の部分のみにダメージを与えることで、肌細胞を刺激しコラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す肌細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌をつくりあげます。
クールタッチレーザーは、しわ取りや毛穴の開き、にきび痕の凸凹に効果がある治療法です。

クールタッチレーザーの問題点・副作用・トラブル

クールタッチレーザーは、低温度で行うレーザー治療のため、レーザー出力も非常に低く設定されています。さらにクールタッチレーザーの施術は、レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射することで、やけどなどの副作用の可能性も、従来のレーザー治療と比べると極めて低いとされています。
しかし、通常のレーザー治療と同様に、やけどや、赤みが発生する他、患部にかさぶたができることもあります。
また、クールタッチレーザーは1度の施術ではすぐに効果が期待できず、2〜3週間おきに、4回ほど治療を行うことが多いようです。

クールタッチレーザーの治療可能部位と持続期間

クールタッチレーザーは上記でも解説した通り、1度の施術ではすぐに効果が期待できず、2〜3週間おきに、4回ほど治療を行うことが多いようです。

肌の再生医療は、単純にしわやたるみの軽減効果だけではなく、肌質そのものを改善させることができ、持続効果も数年(目安としては2〜3年程度)維持することができます。

  肌の再生医療 クールタッチレーザー
 ほうれい線
 顔・たるみ
 しわ・たるみ・若返り
 上まぶたのくぼみ・三重まぶた ×
 目の下のくま・しわ ×
 スキンケア
 持続期間 数年以上 半年

その他の読まれている関連ページはこちら

部位別・お悩み別「肌の再生医療」解説ページ

  • 口元のたるみ

    口元のたるみ

    口元がたるむとなお一層加齢の度合いを強めてしまいます

  • 首のシワ

    首のシワ

    女性の年齢が顕著に表れるのが「首」です

  • 手のシワ

    手のシワ

    年齢としてよくあわれるのが「手の衰え」です

  • ニキビあと

    ニキビあと

    肌の再生医療で、ニキビ跡の改善効果もあります

他の美容法と肌の再生医療との違い

  • プラセンタ

    プラセンタ

    1回のプラセンタ注射の持続効果は長くて数週間

  • ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸は対症療法です。しわ、たるみへの根本治療ではありません。

  • コラーゲン

    コラーゲン

    部分的な保湿・ハリの改善に有効ですが、体内に吸収されやすいです。

肌の再生医療のプランのご案内
春の増量キャンペーン実施中
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
私たちの再生医療
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付

お電話でのご予約・ご相談はこちらから

  • カウンセリングはこちら
  • メール相談はこちら
  • 資料請求はこちら
  • 資料ダウンロードはこちら
TOP