クールタッチレーザーの効果や問題点、肌の再生医療との違いについて|肌の再生医療(専門)RDクリニック

クールタッチレーザーと肌の再生医療との違い

肌の再生医療と、クールタッチレーザーの比較

治療可能部位と持続期間

  肌の再生医療 クールタッチレーザー
 ほうれい線
 顔・たるみ
 しわ・たるみ・若返り
 上まぶたのくぼみ・三重まぶた ×
 目の下のくま・しわ ×
 スキンケア
 持続期間 数年以上 半年

肌の再生医療は、深いしわも自然に改善する効果が期待でき、持続効果も数年(目安としては2〜3年程度)維持することができます。

この効果の違いには、理由があります。

多血小板療法(PRP療法など)やレーザー治療(フラクセルなど)、 高周波治療(サーマクールなど)など、「自分自身の肌細胞に働いてもらう」治療と比較しても、「肌の再生医療」には、とても大きな違いがあることをご存知ですか?

PRP、レーザー、サーマクール等
肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付

クールタッチレーザーの効果・作用

クールタッチレーザーは、「クールタッチ」と呼ばれる単一の波長を持つ、ロングパルスNd:YAGレーザーを用いた低温度のレーザー治療です。

クールタッチレーザーの治療方法は、レーザーを皮膚に照射し、 目的の部分のみにダメージを与えることで、コラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す線維芽細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌をつくりあげます。

クールタッチレーザーは、しわ取りやにきび痕、毛穴の縮小に効果のある治療です。

肌の再生医療をお受けになった方の体験談はこちら
直接肌細胞を再生させる肌の再生医療について

クールタッチレーザーの問題点・副作用・トラブル

クールタッチレーザーは、低温度で行うレーザー治療のため、レーザー出力も非常に低く設定されています。
さらにクールタッチレーザーの施術は、レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射することで、やけどなどの副作用の可能性も、従来のレーザー治療と比べると極めて低いとされています。

しかし、通常のレーザー治療と同様に、やけどや、赤みが発生する他、患部にかさぶたができることもあります。

あなたに合わせたオーダーメイド医療だから安心できる:肌の再生医療の安全性について

クールタッチレーザーの体験談

クールタッチレーザーの痛みは、個人差はありますが、ゴムを伸ばして手に当てる程度の痛さです。

1度の施術ではすぐに効果が期待できず、2〜3週間おきに、4回ほど治療を行うことが多いようです。
しかし効果の表れ方や満足度は人それぞれですので、医師としっかり相談して決めましょう。

肌の再生医療をお受けになった方の体験談はこちら

真皮繊維芽細胞そのものを増やす治療はこの治療のみ、
そのため、美容意識の高い方や医療関係者の方に多く選ばれています。

従来の美容外科や皮フ科で行われる治療効果を、より良く引き出すための基本(ベース)となる治療とも考えられることから、美容意識の高い方や美容のプロである皮フ科の女医さんにも選ばれています。

肌の再生医療が選ばれる7つのメリットとは?

肌の再生医療を動画で解説
8分間の動画で分かる肌の再生医療

症例写真を交え、治療の効果や流れ、この治療の安全性を動画でわかりやすくお伝えします。
『肌の再生医療』動画

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP