ピーリングの効果や問題点、肌の再生医療との違いについて|肌の再生医療(専門)RDクリニック

ピーリングと肌の再生医療との違い

肌の再生医療と、ピーリングの比較

治療可能部位と持続期間

  肌の再生医療 ピーリング
 ほうれい線 ×
 顔・たるみ
 しわ・たるみ・若返り
 上まぶたのくぼみ・三重まぶた ×
 目の下のくま・しわ ×
 スキンケア
 持続期間 数年以上 半年

肌の再生医療は、単純にしわやたるみの軽減効果だけではなく、肌質そのものを改善させることができ、持続効果も数年(目安としては2〜3年程度)維持することができます。

この効果の違いには、理由があります。

多血小板療法(PRP療法など)やレーザー治療(フラクセルなど)、 高周波治療(サーマクールなど)など、「自分自身の肌細胞に働いてもらう」治療と比較しても、「肌の再生医療」には、とても大きな違いがあることをご存知ですか?

PRP、レーザー、サーマクール等
肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付

ピーリングの効果・作用

ピーリングとは、再生作用を持った酸などの化学物質をお肌に作用させたり、細かい金属アルミナを肌に吹きかけ、古い角質層、老廃物を除去し、肌の細胞を刺激、肌を再生しようとするもので、シミ、くすみ、小じわ、ニキビなどに効果があるとされています。酸を使ったピーリングケミカルピーリングと呼ばれ、アルファハイドロキシ酸(AHA)、トリクロロ酢酸(TCA)、フェノールなどが用いられます。AHA以外は深達度の調節が難しいので、現在はケミカルピーリングといえばAHAです。

AHAは、果実(りんごなど)に存在する酸の総称で、フルーツ酸とも呼ばれ、古くなった角質は、酸(H+)の作用で角質層の角化細胞を剥離され、濃度や作用時間によって酸は真皮まで浸透し、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促します。

根本的に肌を再生させる肌の再生医療について

ピーリングの問題点・副作用・トラブル

洗顔では決して到達できないレベルまで古い角質と老廃物を除去し、肌細胞の刺激・肌細胞の再生を行うするのがピーリングの本質です。そのために用いられるのが、酸や金属です。根本的な問題点・副作用は必要な角質部分までを除去してしまう場合に起こります。それが瘢痕形成や色素沈着の原因です。

そして、通常ではありえないレベルまで古い角質、老廃物の除去するからこそ、肌を構成する細胞にも作用するのであって、結果として肌そのものが、細胞レベルで再生されることが期待できます。しかし、逆に言うと、細胞が真に再生するほど強力な強い酸や金属には、それなりの副作用があるため、強すぎる酸や金属は使用できません。

あなたに合わせたオーダーメイド医療だから安心できる:肌の再生医療の安全性について

ピーリング体験談

ピーリングを行っているほとんど全員の方が、肌の乾燥とピリピリとした肌の違和感を訴えられます。従って保湿や遮光など適切なホームケアが必要不可欠です。ピーリングは肌の細胞にまで作用しうる化学物質(ケミカル)や金属を使う医療であるということを十分認識してください。

肌の再生医療をお受けになった方の体験談はこちら

真皮繊維芽細胞そのものを増やす治療はこの治療のみ、
そのため、美容意識の高い方や医療関係者の方に多く選ばれています。

従来の美容外科や皮フ科で行われる治療効果を、より良く引き出すための基本(ベース)となる治療とも考えられることから、美容意識の高い方や美容のプロである皮フ科の女医さんにも選ばれています。

肌の再生医療が選ばれる7つのメリットとは?

肌の再生医療を動画で解説
8分間の動画で分かる肌の再生医療

症例写真を交え、治療の効果や流れ、この治療の安全性を動画でわかりやすくお伝えします。
『肌の再生医療』動画

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP