ストレスで肌があれます。ストレスと美容に関係があるのですか?また解消法を教えてください。|肌の再生医療(専門)RDクリニック

しわ・たるみ・くまを改善し肌の老化防止を!肌の再生医療 | RDクリニック HOME > よくあるご質問(Q&A)目次 > ストレスで肌があれます。ストレスと美容に関係があるのですか?また解消法を教えてください。

よくあるご質問

ストレスで肌があれます。ストレスと美容に関係があるのですか?また解消法を教えてください。

ストレスと美容は密接な関係があります。深呼吸で解消しましょう。

ストレスと美容はとても密接な関係があります。

「元気がでないなぁ」と思っている時など、肌の調子はいかがでしょうか?
かさついたりした経験がある方もいらっしゃると思います。

なぜストレスが美容に悪いか、具体的にご説明いたします。
ヒトがストレスを感じた時の体の反応にその答えがあります。
ヒトはストレスを感じると、自律神経の闘争・逃走反応が働きます。

危険やストレスを感じたとき、ギュッと血圧を上げて、呼吸数も上げ、筋肉への血流を増やし、

戦うか、逃げるのか、

そのどちらかに適した状態を、反射的に体の中に作りあげます。闘争、もしくは逃走に体が備えるのです。

つまりストレスを感じると、
血管が萎縮し必要なところに血流はまわるのですが、

皮膚の真皮にある、
毛細血管などには血流がうまく回らなくなり、
栄養素が届かなくなってしまいます。

表皮は真皮から栄養をうけるので、
真皮に栄養が回らないと表皮にも影響がでます。

また、血流の流れがわるくなることで、
リンパ管のめぐりもわるくなり、
不要な水分や老廃物を回収できなくなり、
むくみやくすみ、しわなどの原因になります。

まとめますと、

ストレスを感じる → 血圧があがる → 真皮などの毛細血管に栄養がまわらない

なので肌に影響があるのです。
細胞も働く元気がなくなってしまいます。

さて、ストレスをいま感じた、とわかる方はおりますか?

上のようなストレス反応は、反射的におこるものなので、
ストレスを感じたことは頭ではわからないことが多いのです。

例えば、赤ちゃんの泣き声が聞こえたとき、
体は勝手に守ってあげなければ、
また危険が迫っているのでは、
と反応してます。
これもストレス反応の1つとなります。

つまり、世の中にストレッサーが多くある、ということです。

では、その解消法は?

それは、腹式呼吸による深呼吸です。
『腹式呼吸』で 吸う : 吐く = 1 : 3

なぜ深呼吸か、それはそのストレス反応のスイッチを、
パチンとオフにする役割があるからです。

腹式呼吸の深呼吸を、ちょっと時間のある時にやってみると、
気持ちが落ち着いて、体の力が抜けるような感覚があると思います。

ポイントは深呼吸前に、肺に入っている空気を全部出すことです。
ぜひお試しください。

0120-31-0044 お気軽にご相談ください

よくあるご質問 一覧ページへ戻る

肌の再生医療のプランのご案内
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP