細胞を培養(増殖)させることで「がん」などの危険性はありませんか?|肌の再生医療(専門)RDクリニック

しわ・たるみ・くまを改善し肌の老化防止を!肌の再生医療 | RDクリニック HOME > よくあるご質問(Q&A)目次 > 細胞を培養(増殖)させることで「がん」などの危険性はありませんか?

よくあるご質問

細胞を培養(増殖)させることで「がん」などの危険性はありませんか?

ありません。

がん細胞には、以下のような3つの特徴的な性質があります。

(1)非対称性分裂(asymmetric division)
  自分とは違う細胞になり、それを繰り返します。

(2)不死化(Immortal Cell)
  正常な細胞は時期が来ると死滅してしまいます(アポトーシス)。
  がん化した細胞は死ぬことがありません。

(3)自立的増殖
  通常の細胞は、仲間が監視しあい、異常増殖を抑えます。
  しかし、がん化した細胞は、仲間にお構いなく、自立的に増え続けます。

「再生医療」や「細胞培養」では、<ガン化>の問題が話題に上がります。
それは、ES細胞やiPS細胞など、今話題になっている細胞が、多機能(上記3つの性質)を持ち、がん細胞と類似しているためです。

一方、肌細胞(真皮線維芽細胞)は、すでに分化した細胞(上記3つの性質を持たず、肌にしかならない細胞)ですので、がん細胞の性質とは大きく異なります。

ですので、肌細胞は安全な治療として臨床応用されているのです。

0120-31-0044 お気軽にご相談ください

よくあるご質問 一覧ページへ戻る

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP