フォトフェイシャルなどのレーザー治療や光治療と肌の再生医療の違いは?|肌の再生医療(専門)RDクリニック

しわ・たるみ・くまを改善し肌の老化防止を!肌の再生医療 | RDクリニック HOME > よくあるご質問(Q&A)目次 > フォトフェイシャルなどのレーザー治療や光治療と肌の再生医療の違いは?

よくあるご質問

フォトフェイシャルなどのレーザー治療や光治療と肌の再生医療の違いは?

肌の再生医療は肌の機能の根本的な改善をします。

レーザー治療には、「ポラリス」「ヤグレーザーピーリング」
「イントラセル」「e-マトリックス」

光治療には、「フォトフェイシャル」「フォトシルクプラス」
「リッチダーム」「フルダーム」「タイタンXL」などがあります。


肌の再生医療は、
真皮線維芽細胞、つまり働き手を増やし、
老化改善すること
を目的する治療、

レーザーや光治療は、
真皮線維芽細胞(働き手)を活性化させることを目的とする治療です。
※真皮線維芽細胞=肌のハリを保つために働いている細胞

この違いから、
肌の再生医療は今いる肌細胞に無理をさせることなく、
疲れさせずに肌の機能の根本的な改善を目的としています。

肌の再生医療だけの7つのメリット
治療内容について詳しくご説明します。
→肌の再生医療とは?詳しくはこちら


ではまず、フォトフェイシャルを例にしてご説明いたします。

フォトフェイシャルだけに限らず、
全てのレーザー治療・光地調に共通して言えるのが
レーザー(光)で肌に刺激を与える』ことです。

レーザー(光)で刺激を与えるのは、真皮線維芽細胞

真皮線維芽細胞は、
刺激を与えられると「働け」という指示が出て動き出します。

真皮線維芽細胞(肌細胞、とRDクリニックでは呼んでいます)が何をするのか。
詳しくはコチラをご覧ください。
肌細胞のすごい働き

フォトフェイシャルは真皮線維芽細胞に働かせることで、
肌にハリをもたらす治療となります。

またシミ・そばかすなどにも効果があると言われておりますね。

さて、肌の再生医療である肌細胞補充療法との違いは何か?
と申しますと、

先ほどご説明いたしました、
レーザー(光)で刺激を与える真皮線維芽細胞

この細胞そのものを培養して増やし、
老化の気になる部位に注入し、真皮機能そのものを改善する


治療となります。

ですので、
RDクリニックに訪れる方の中には細胞を注入し、
フォトフェイシャルも行っている方
もおります。

※ご確認
フォトフェイシャルなどの治療はやり続けると効果がなくなってくる
とカウンセリングでご来院される方から耳にしますが、
それは細胞が働きすぎてしまい、
反応が出来ないくらい疲れてしまったため、と考えられます。

0120-31-0044 お気軽にご相談ください

よくあるご質問 一覧ページへ戻る

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP