肌の再生医療がわかりづらいので、具体例をだして、よりわかりやすく説明してください。|肌の再生医療(専門)RDクリニック

しわ・たるみ・くまを改善し肌の老化防止を!肌の再生医療 | RDクリニック HOME > よくあるご質問(Q&A)目次 > 肌の再生医療がわかりづらいので、具体例をだして、よりわかりやすく説明してください。

よくあるご質問

肌の再生医療がわかりづらいので、具体例をだして、よりわかりやすく説明してください。

肌をモノに例えてご説明いたします。

具体的に、若い時の肌と、老化した肌をわかりやすく例えますと、


●若い時の肌→コンニャク

 ハリがあり水分もたっぷり、押しても押し返す


●老化した肌→ネンド

 ハリがなくコンニャクに比べ乾燥、押したら跡が残る




「朝起きたときに枕の跡がなかなか消えにくくなった」「腕時計の跡がなかなか消えない」

と思われたことはございませんか?コンニャクとネンドの違いでイメージできるのではないかと思います。

このような老化が起きる原因は、「真皮線維芽細胞」の老化・減少です。

押したらもとに戻りにくい、つまむとシワがよる、など弾力性のある真皮を保てなくなっているのです。

肌の再生医療は、機能そのものである「真皮線維芽細胞」を増やし、老化改善をはかる治療です。

真皮層の働きは、主に2つ。

・張りと弾力を与える働き
・表皮に栄養を送ったり、皮膚内の有害物質を除去する働き


この真皮層を形成する細胞が「真皮線維芽細胞」です。


肌の再生医療は「真皮線維芽細胞」を増やして注入し、機能を改善させる治療です。



説明がわかりづらいなどございましたら、お手数おかけいたしますが、お電話・メールにてお問い合わせ下さい。

0120-31-0044 お気軽にご相談ください

よくあるご質問 一覧ページへ戻る

肌の再生医療のプランのご案内
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP