効果はどのぐらい続くのでしょうか?|肌の再生医療(専門)RDクリニック

よくあるご質問

効果はどのぐらい続くのでしょうか?

約2〜3年と、長期的な効果が期待できます。

治療後1〜3ヵ月程度で改善効果が出始め、その後2〜3年続きます。

老化速度を遅くする効果につきましては、治療効果がゆっくりと推移するのは、
肌の修復が人の手によってではなく、

あなた自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)によって行われるからです。

また、効果の消失は次のように説明されます。

皮膚の中では常に、新生と老化が同時に進行しています。

新生は肌細胞によって真皮成分が新しく生み出されること、
老化は出来上がった真皮成分が古くなり壊れていくことだとお考えください。

若いときは細胞も元気で「新生>老化」となっているため肌の張りは維持されていますが、
年齢とともに「新生<老化」に傾き肌の衰えが目立ってきます。

肌の再生医療は大量の肌細胞を補充することによって、
このバランスを再び「新生>老化」に引き戻す効果をもたらします。

ただ、細胞は生きており、少しずつ衰えていくため、
この効果が永遠に続くことはありません。

そしていずれは「新生<老化」に再び傾いてしまいます。
さらに、肌に有害な作用(紫外線、喫煙、ストレスなど)が加われば、
細胞の衰えに拍車がかかり、効果の消失も早まります。

0120-31-0044 お気軽にご相談ください

よくあるご質問 一覧ページへ戻る

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP