成長因子(FGF)とは?|肌の再生医療(専門)RDクリニック

成長因子(FGF)とは?

再生医療と成長因子

細胞が増殖し、働生きだす仕組み 〜創傷治癒機転〜

皮ふは何から作られた(現れた)のでしょうか?
時間を遡るとその答えが分かります。私たちを含め動物はたった一個の細胞(受精卵)から始まります。当然、皮ふもこの受精卵から作られます。

肌細胞って何?

受精卵からは皮ふだけではなくいろいろなもの(臓器)が作られます。心臓。骨。肝臓…。しかし、いったん受精卵から皮ふに成ってしまえば、(当たり前ですが)心臓になったり肝臓になったりはしません。それは、受精卵から皮ふ(心臓)が作られる過程は非常に秩序だちしかも不可逆的に行われているからです。この秩序を「生命の発生」と呼び、この過程での細胞の変化を「細胞分化」といいます。いったん受精卵から皮ふに細胞分化したら、他の臓器(心臓、肝臓)になることは絶対にできません。これが厳格な秩序です。そして細胞分化が完了した皮ふは特別な状況が起こらない限り、永遠にその状態を保ち続けます。昨日目にした自分の手のひらの皮ふは、今日目の前にある手のひらの皮ふと全く同じです(当たり前です)。
しかし、特別な状況が起こると状況は変わります。転んで手のひらを擦りむいたときを考えてみてください。これが皮ふにとっての特別な状況なのです。転んで擦りむいた手のひらの皮ふは血が出ていますが日々刻々と変化し、やがて傷は治ってしまうでしょう。

すりむいたという特別な状況な状況に置かれた皮ふでは何が起こっているのでしょうか?
「生命の発生」を冒頭に書きました。その生命の発生と似た状況こそが特別な状況から始まる傷の再生です。これを「臓器の再生」と言います。そして「生命の発生」と「臓器の再生」では類似した現象が認められます。何もないところから皮ふが出来る(生命の発生)。すりむいて皮ふが失われたところに新しい皮ふが出来る(臓器の再生)。共通点は非常に多く見られます。
さて、すりむいて血が出た手のひらの皮ふを顕微鏡レベル(細胞レベル)で見てゆきましょう。

そこには、血の成分である白血球、リンパ球(免疫細胞)、血小板、露出した皮膚の細胞(角化細胞、真皮線維芽細胞)が存在しています。これらの細胞が特殊なタンパク質によって「生命の発生」とよく似ている「臓器の再生」がスタートします。
この特殊なたんぱく質を成長因子(Growth Factor)と呼んでいます。また成長因子(Growth Factor)は1種類だけではありません。細胞に働きかけ細胞を分裂させたり、細胞がそこに定着させたりするタンパク質全ての総称です。この特殊なたんぱく質を成長因子(Growth Factor)といいます。
当然成長因子(Growth Factor)は「臓器の再生」にも「生命の発生」にも関与しています。さらに、成長因子(Growth Factor)は、がんの転移や浸潤にも関与していることが知られています。

肌の再生医療と成長因子(Growth Factor)

RDクリニックで行われている「肌の再生医療」にも成長因子(Growth Factor)が関与しているのか?答えはもちろんYESです。「再生医療」は臓器を再生させる主役の細胞と、その細胞を支える成長因子(Growth Factor)を相互に関連させながら行われる医療だからです。ほとんどの再生医療技術では、サイトカインやインターロイキンを含む何らかの成長因子を使っています。成長因子(Growth Factor)を使わない再生医療技術は存在しないといっても過言ではありません。
ただ、日本で初めて「肌の再生医療」が行われたとき(1998年:私ももちろんこのプロジェクトに関わっていました)、人体にも使用することが可能な薬剤として厚労省から承認された、人工的に合成された成長因子(Growth Factor)が存在していなかったということもあり、人工の成長因子(Growth Factor)は用いていませんでした。従い古典的な「肌の再生医療」の治療プロトコールでは、天然の成長因子(創傷治癒環境のGrowth Factor)のみを利用していたことになります。手を擦りむいたとき、つまり、皮ふにとって特別な状況になった時に傷を受けた部分に成長因子(Growth Factor)が出てくる現象を利用するのです。しかし天然の成長因子だけで肌の再生医療を完成させようとすると、移植用の肌細胞が非常に多く必要になったり、通院回数も頻繁になったりしました。そこで、現在ではごくごく微量の人工の成長因子(FGF:商品名リグロス、フィブラストスプレー)の添加を、事前に患者さんに説明し文書で同意を受けた上で使用する場合がございます。
ただし、どうしても人工的な薬(FGF)は使いたくはない方には肌細胞集中治療コースをご用意しています。ご安心ください。肌細胞集中治療コースは、肌の再生医療を知り尽くしたRDクリニックだからこそ提供できる肌の再生医療です。

肌細胞集中治療コースはこちら

※科学技術は進歩するものです。非常に有効で安価な再生医療の効果の恩恵にあずかることが出来るのであれば、そして、そのリスクが限りなく無視できるほど低いのであれば、我々はそれを選択してもいいのではないかと考えています。人工的なものを忌避し、オーガニックを盲目的に絶対善とし拘泥するのではなく。

このコンテンツは私が書きました

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RDクリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」から、ご自身の血小板を使った美容医療「セルバンク・プレミアムPRP皮膚再生療法」まで再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせた治療法をご提案しております。

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP