よくあるご質問

よくあるご質問一覧へ戻る

目の下のくまにも本当に効くのですか?

目の下のくまに関して、ご自身の肌細胞を注入する肌の再生医療が有効だと言われています

この理由は、目の周りの皮膚は、皮膚の中でもっとも薄く、他の美容法(注入物)は利用できない(禁忌の部分)と言われています。

肌の再生医療は、目の周り(特にくま・しわ)の数少ないの治療法であること、それが女性医師をはじめ、多くの医療関係者に選ばれている理由の1つです。

目の下のくまの原因は、いくつかの条件はありますが、

日内変動がある、つまり日によってまたは体調によって『くま』が強く出たり薄らいだりする場合には、加齢などによる皮ふの菲薄化(うすくなる)が原因です。

この皮ふの菲薄化を根本的に治療するには、ご自身の肌細胞を増やして移植することで、真皮層の厚みを増やす『肌の再生医療』は有効な治療法といえます。

目の下の皮ふは人体の中で最も薄く0.3~0.6mm程度です。

0.1mm~0.2mmの厚さはゆで卵のうす皮と考えて下さい。
背中の皮ふの厚さが 3mm~5mmですから10分の1程度しかありません。

また目の下の皮ふにはもうひとつの特徴があります。
それはこの極めて薄い皮ふ直下には眼輪筋という筋肉があり、表皮下血管網も直下にあります。

筋肉の色はミオグロビンという色素で赤紫になっています。

血液の赤紫色はヘモグロビンです。

ミオは筋肉、ヘモは血液という意味です。

ミオグロビン、ヘモグロビンとも酸素の飽和度によって、また筋肉疲労の乳酸、血糖値により色調が変化します。

疲れがたまった・・・体調が思わしくない・・・・となるとこの色素は変化するのです。

この変化した色素(発色ミオグロビン、ヘモグロビン)が菲薄化した目の下の皮ふから透けて見えるのが『くま』です。

料金や治療内容をより詳しく知りたい方へ、その場ですぐに見られる無料のダウンロード資料もご用意いたしました。

肌の再生医療による治療
ご不明な点がございましたらコールセンターまでお電話ください。RDクリニックコールセンター 0120-31-0044 受付時間10:00〜19:00
肌の再生医療のプランのご案内
リアルタイムモニター様を募集しています
LINEでお問い合わせ受付中 24時間受付
ページの先頭へ