よくあるご質問

よくあるご質問一覧へ戻る

細胞を培養(増殖)させることで「がん」などの危険性はありませんか?

ありません。

がん細胞には、以下のような3つの特徴的な性質があります。

(1)非対称性分裂(asymmetric division)
(2)不死化(Immortal Cell)
(3)自立的増殖

判り易く説明すると、がん細胞は、(1)自分とは違う細胞になり、連続的にそれを繰り返します。

従って、がんに侵された臓器を顕微鏡で見ると、顔の違う細胞がひしめいています。

(2)通常の細胞は時期が来ると死滅してしまいます(アポトーシス)。

しかし、がん化した細胞は死ぬことはありません。

(3)通常の細胞は、仲間として集団行動していますから、増えすぎたりしないように、お互いが監視しあった増殖を行います。

しかし、がん化した細胞は、仲間にお構いなく、勝手(自立的)に増え続けます。

再生医療で用いる細胞と、「がん」細胞の共通点は「増殖」・・・これだけです。

増殖する細胞を「がん」と同列に捕らえるのは、「飛行機は空を飛ぶから鳥だ」と言うのと似ています。

料金や治療内容をより詳しく知りたい方へ、その場ですぐに見られる無料のダウンロード資料もご用意いたしました。

料金表も掲載しているダウンロード資料はこちら
資料の送付をご希望の方はこちら
無料の電話相談をしてみる
カテゴリー一覧へ戻る
肌の再生医療による治療
ご不明な点がございましたらコールセンターまでお電話ください。RDクリニックコールセンター 0120-31-0044 受付時間10:00〜19:00
肌の再生医療のプランのご案内
春の増量キャンペーン開催中。今だけ移植量がUP
リアルタイムモニター様を募集しています
LINEでお問い合わせ受付中 24時間受付
ページの先頭へ