他のクリニックで肌の再生医療を受けられた方へ

肌の再生医療に関する自信と誇り

治療効果に疑義のある患者様に対するセカンド・オピニオンについて

もともと火傷用の培養皮膚を研究していた私、北條が、約20年前に初めてこの治療(肌の再生医療)を日本に持ち込んだ時、当然ながら日本国内には私一人しかこの治療を行う医師はいませんでした。もちろん何の規制もありませんでしたし、培養した細胞による治療と言っても、患者様からは「バイオした皮膚?」のように聞かれたことを今でも覚えています。

現在ではiPS細胞の影響もあってか、私が確認しただけでも日本では10施設以上のクリニックが、この肌細胞による肌の再生医療を行っています。肌の再生医療は細胞のみを用いた治療ですので、他院でも、副作用が出たといった相談は皆無です。しかし「効果が全くなかった、感じなかった」という他院での治療後相談は、私がRDクリニックに復帰してから相当数ございます。また「効果が全くなかった、感じなかった」に比べたら数は極端に少ないのですが「ぼこぼこした」「かえって、シワが目立つようになった」などといった相談も受けています。

そもそもこの治療の原理は、熱傷治療に対する培養皮膚が原型です。以下の写真のように、6か月もすれば培養皮膚は完全に生体に定着し、その効果は発現・安定します。従って、肌細胞を移植してから半年経っても効果が全く認められない場合には、そもそも治療効果をもった有効な細胞が培養されていなかった。もしくは、有効な細胞が培養されていても細胞使用量が不十分であったり、細胞が適切な方法で用いられなかった可能性が高いと考えています。治療効果は数年かけて現れるということを言う医師もいますが、その発言は培養皮膚の写真でもお示しするように、科学的事実に反します。

もし効果がないと訴えても、効果が出るのは数年後。
このようなことを言われるのは、まさに医師として聞くに堪えません。
もしこのような経験をお持ちの方は、私、北條が相談にのらせていただきます。
これは、日本で最初にこの治療を行った私の責務です。
また、日本で一番多くの症例を行っているRDクリニックグループの最高責任者の義務であるとも考えています。

これが今回治療に用いる肌細胞と全く同じものを熱傷用に再加工した培養皮膚です。


培養皮膚 移植1か月。

培養皮膚 移植6か月後です。(色素細胞は培養添加されていないので色調は白色です)この症例写真はすべて北條が執刀しています。

このコンテンツは私が書きました

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RDクリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりとカウンセリングをし責任をもって治療しております。

肌の再生医療による治療
ご不明な点がございましたらコールセンターまでお電話ください。RDクリニックコールセンター 0120-31-0044 受付時間10:00〜19:00
肌の再生医療のプランのご案内
リアルタイムモニター様を募集しています
LINEでお問い合わせ受付中 24時間受付
ページの先頭へ