肌の再生医療の治療費用について

肌の再生医療の治療費・料金プラン 肌の再生医療はエイジングした肌を治療する“医療”です

説明を受ける日と、治療を決心する日は、別の日です。まずは、あなたご自身だけの治療計画書(お見積書)を医師からお受け取りください(無料)そこがスタートです。

※今すぐ治療を決めたいという方、料金が知りたいという方には、誠に恐縮です。あなたには考える時間が必要です。医師によるカウンセリング(無料)と、実際の治療申込日(ご料金発生日)を別々の日時に設定することは、医療としての本質を担保する基本行為と考えています。

プランについて

従来の通常保管プラン(バンク60)は2015年9月1日より価格改定され新料金体制となりました。また、通常保管プランに加え、「バンク20」「バンク120」プランをご利用いただけます。この機会にぜひご利用ください。

「バンク60」とは?

採取した皮膚から、肌細胞(真皮線維芽細胞)の種となる「幹細胞」を60本程度保管しておくことができます。(以前からある、従来のスタンダードなプランです。)肌細胞を移植する際に、1ccにつき1本の保管幹細胞を使用して肌細胞を培養します。

幹細胞くん
幹細胞くん

プラン料金のご案内

CPC
細胞培養関連費用 40万円(税抜)
治療費用 10万円〜(税抜)
治療費用 10万円〜(税抜)

60cc分(1cc換算で60回分)の肌細胞を保管することができる、スタンダードプランです。

CPC
細胞培養関連費用 40万円(税抜)
治療費用 10万円〜(税抜)
治療費用 10万円〜(税抜)

20cc程度(1cc換算で20回程度)の幹細胞を保管することができる、格安プランです。

CPC
細胞培養関連費用 40万円(税抜)
治療費用 10万円〜(税抜)
治療費用 10万円〜(税抜)

120cc程度(1cc換算で120回程度)の幹細胞を保管することができる、ラグジュアリーなプランです。

アフターケアについて

オプション・アフターケア
CPC
細胞培養関連費用 40万円(税抜)
水光注射 移植量3cc以下 5,000円(税込) 4cc以上 無料

※1ccの目安:およそ顔の4分の1の範囲に細胞を移植(治療)できます。
例)目の下のクマ(両目)、ほうれい線(左右)など。1部位への1回の移植が可能です。ただし個人差がございます。

※約2週間あけて連続2回の移植が効果的です。最初の治療では全ての患者様に2回連続の移植をお勧めしております。

※プランやご希望の治療範囲により料金は異なります。詳しくはお問い合わせください。

※海外在住(医療ツーリズム)の方はこちらのページに詳しい説明がありますのでご覧ください。こちら>>

※初診料(税抜5,000円)・血液検査料(税抜10,000円)は別途いただきます。ただし、血液検査の結果をご持参の場合、初診料のみ。

※医療行為(採血等)を行わない場合(カウンセリングのみ)料金はかかりません。

1ccの治療範囲について

※ 部位により必要な移植量が異なります。

肌の再生医療は保険が適用されない自由診療となっております。
目の周りとほうれい線ならいくら?等、より詳しい料金につきましては、0120-31-0044 (コールセンター)までお問い合わせください。

治療・費用に関するよくあるご質問

初めての診療時にお支払いする金額は?

移植費用とは何ですか?

細胞の保管料とは何ですか?

初期費用に含まれる細胞抽出作業料が高額なのはなぜですか?

クレジットカードでのお支払いはできますか?

※ 細胞の保管料金につきましてはフォームよりお問い合わせいただくか、0120-31-0044 (コールセンター)までお気軽にお電話ください。

料金がよくわかるダウンロード資料

資料のダウンロード方法

お名前

メールアドレス

 

ページの先頭へ