LINE友達追加

メルマガ登録

RDクリニックのスタッフがお届けする美容コラム

HOMERDクリニックのスタッフがお届けする美容コラム梅雨でも保湿
梅雨でも保湿

梅雨でも保湿

この記事を書いた人

細胞培養技術者

梅雨時期の保湿について

梅雨時期の保湿について

今回は1年の中でも特にイヤ〜な季節梅雨時期の保湿についてご紹介したいと思います。

ジメジメな時期、この時期特有の肌トラブルが増えてきます。
高温多湿な夏。とりわけ最近は猛暑なのでそんなに動かなくてもかなりの汗をかきます。汗をかいたままの状態が続くと、そう、「あせも」や「かぶれ」による肌トラブルが起こりやすくなります。
私は結構な汗かきで「あせも」もよく出来てしまいます。特に肘裏や膝裏。掻いちゃダメと分かっていても気付くとポリポリ掻いてしまいます。気をつけないといけません。。あせもが出来てしまうのは、皮膚の中に汗が溜まってしまうことが原因のようです。やはり汗をかいたらすぐ拭くのが大事ですね。

私が行っている予防方法をご紹介したいと思います。

(1)汗をかいたらすぐにふき取る体用の汗ふきシートなどを持ち歩くといいですね!
(2)帰宅したらすぐにシャワーを浴びるおうちに帰ったらすぐに汗を洗い流しましょう。
(3)エアコンを活用するさらに汗をかくとよくないようです。
   寝ている時に無意識に掻いてしまってさらに悪化するなんてことも…
(4)汗をかいたらすぐに着替える特にアンダーウェアですね。着替えを持ち歩けるときは持ち歩きたいですね。
(5)体を締め付けないように気を付けるストッキングやベルト等、部分的に締めつけ過ぎないように気をつけましょう。

なんだかとても当たり前のことのようですが当たり前のことを着実に行うことが大事です。あとは、しっかり肌の保湿をすることですね。夏場は湿度が高くて汗もかいて、肌は潤っているから保湿する必要なんてない、と考えてしまいがちですがそうとも言い切れません。たしかに乾燥肌とは縁遠くなるかもしれませんがだからと言って、保湿が不要になるわけではありません。
保湿剤を使って、しっかり肌のバリア機能を付けましょう。ただ、この時期気になるのが保湿剤の“使用感”ですね。汗でベタベタするのにさらにベタベタしてイヤ!という方も多いかと思います。ですので普段使っているものよりサラッとした保湿剤がいいですね。クリームタイプより、ローションタイプの保湿剤がおすすめです。