LINE友達追加

メルマガ登録

コラーゲン注入の効果や問題点について

HOME 肌の再生医療と他の美容療法との違いコラーゲン注入の効果や問題点について

治療可能部位と持続期間

コラーゲン注入は、部分的な保湿・ハリの改善に有効ですが、体内に吸収されやすく、持続効果は数ヶ月〜半年です。

  コラーゲン注入
ほうれい線
顔・たるみ ×
しわ・たるみ・若返り ×
上まぶたのくぼみ・三重まぶた
目の下のくま・しわ
スキンケア ×
持続期間

数ヶ月〜半年

コラーゲン注入の効果・作用

コラーゲンには、お肌の弾力やつやを保つ働きがあり、コラーゲンを生成する能力を活性化させることで、お肌の新陳代謝が改善され、シミをなくす効果も期待できます。
コラーゲンを注入することで、お肌のしわ・たるみに効果があります。また、新陳代謝が改善されることで、肩こりや腰痛にも効果があるとされています。コラーゲンの優れた効果から、コラーゲンの成分が配合された化粧品や健康補助食品も多く開発されています。
以前は肌の保湿のみを目的とした化粧品が大半でしたが、最近では、真皮層へ直接コラーゲンを補給することが可能になり、保湿だけでなく、肌のハリや弾力にも効果が期待出来るそうです。
現在、美容整形を中心に行われているコラーゲン注入治療は、「コラーゲン線維がもたらす弾力」を回復するという効果よりも、生合成・動物(ウシ・ブタ)由来のコラーゲンを、へこんだ部分(シワ)に直接注入し、その部分を単純に盛り上げる効果のほうが大きいのも事実です。 通常部分に注入すれば、そこは盛り上がりますから、鼻を高くしたり、手軽な豊胸という、プチ整形も可能になります。

コラーゲン注入の問題点・副作用・トラブル

コラーゲンは、時間が経てば100%分解・吸収され、治療をしなかった状態・元の状態に戻るため、肌を再生させるのが主目的ではなく、へこんだ部分を盛り上げると割り切れば高い安全性をもつ治療です。
一般的に、コラーゲン注射は、ヒアルロン酸注射に比べると、アレルギー反応などの副作用を起こす可能性が高いといわれています。治療を受ける際は、安全のため、事前にアレルギー反応のテストをする必要がありますので、テストを行わないような場合は注意をしましょう。具体的なアレルギーの症状は、患部の痛みの他、腫れ、かゆみ、硬直、変色、皮膚潰瘍などの副作用が考えられます。
「コラーゲンによる治療=肌の張りを戻す治療」と考え、コラーゲン治療をお受けになられた方もいらっしゃいますが、あくまでも自分自身のものではなく、生合成・動物(ウシ・ブタ)由来のコラーゲンであると認識したほうが良いでしょう。

肌を構成するコラーゲンを生成する肌細胞(真皮線維芽細胞)に直接的に働きかけたり、再生させたりする治療ではないとはいえ、「コラーゲン線維がもたらす弾力」がある程度は手軽に達成できます。数ヶ月に1回づつ行うという煩雑さ、それに伴うコストの高さなどがありますが、日本も含め、歴史・症例数を考えれば、多くの方はコラーゲン注入の治療に満足されています。

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

北條医師プロフィール

RDクリニック医師、株式会社セルバンク代表取締役、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。