LINE友達追加

メルマガ登録

フォトフェイシャルの効果や問題点

HOME 肌の再生医療と他の美容療法との違いフォトフェイシャルの効果や問題点について

フォトフェイシャルってどんな治療?

フォトフェイシャルやレーザー治療などの「光治療」とよばれる治療を詳しくお話しましょう。

光の波長について

まず光治療を説明する上で大事な「光の波長」について解説します。
光には波長があります。人間の目がとらえることが出来る光の波長は400〜800nmくらいです。波長が長くなると光は赤く見え、波長が短くなると青く(紫)見えます。可視光線より長い波長の長い光(800nm以上)は赤外線と呼ばれ、可視光線より短い波長の短い光(400nm以下)の光は紫外線と呼ばれています。「赤く見える光の外」という意味で赤外線。「青く(紫)見える光の外」なので紫外線という名前がついています。

フォトフェイシャルの光の波長

紫外線についてはいまさら語るまでも無いほどお肌にとっては重要です。紫外線は波長が長い方からA、B、Cという名前がついていますが、UV-Cは波長が短くオゾン層などで吸収されてしまうため地表に届くことはありません。UV-A、UV-Bが地表に到達し、我々の肌に影響を及ぼします。紫外線はもちろん日焼けや、シミ、たるみなどの原因となりますが、ビタミンDの合成のために必要不可欠なため、一概に有害と決めつけるものではありません。

ちょっと脱線しますが、紫外線より波長の短い光(電磁波)は、宇宙線とか電磁波とかX線、放射線などと呼ばれています。赤外線より波長が長い光は電波と呼ばれています。電波はテレビやラジオ(FM放送、AM放送)や無線などにおなじみです。お友達とスマホでアドレス交換などには「赤外線通信」という技術も使われています。

さて、話をもとに戻しましょう。フォトフェイシャルも、レーザーも同じく「光を用いた治療」なのに何が違うのでしょうか?その答えは今までお話ししてきた治療に用いる光の「波長」の違いです。レーザー治療は単一の波長の光を用いた治療であり、フォトフェイシャルは複数の波長を含んだ幅の広い光の群を用いた治療なのです。

光治療(レーザー、フォトフェイシャル)の仕組み

フォトフェイシャル治療の仕組み

私たちのお肌を含め、モノには、ある特定の波長の光だけを吸収する性質があります。赤いモノは波長の長い(赤い)光を吸収する性質があり、青い(紫)モノは波長の短い光を吸収する性質があります。しかし、そこに光が当たって初めて物には色が付きます。ちなみに紫外線滅菌の紫色の光の中にどんな色の物を入れても、単一の色にしか見えません。私たちの見ている日常が色彩にあふれているのは、太陽光にはあらゆる波長の光(電磁波)が含まれているからです。波長が極端に短い宇宙線(放射線)も含まれていますし、波長が極端に長い電波も含まれます。電波望遠鏡という言葉を聞いたことはありますか?これは遠い遠い、はるかかなたにある太陽(恒星)の放出する光(電波)をとらえるための望遠鏡です。

レーザーの仕組みは、このある特定の物質は特定の色のみを吸収するという性質を利用しています。例えば血管腫。これは赤血球という赤い色のあざです。赤色の単一波長でしかも強力なレーザー光をお肌に照射すると、赤色以外の組織はレーザー光を吸収しませんから影響がありません。しかし、赤い色を吸収する血管腫だけは強力なレーザー光を吸収してしまいます。そして、血管腫が破壊され、赤ら顔が改善されるのです。 同じように、しみや、あざなどに吸収されやすいレーザー光を用いることによってシミやあざの治療が可能になるのです。
一方、フォトフェイシャルは複数の波長を含んだ幅の広い光の群を用いた治療です。つまり、しみ取りレーザーに用いられる波長の光も含んでいますし、赤ら顔の治療に用いられる波長の光も含んでいます。さらにお肌のタイトニングに効果がある光の波長も含んでいます(お肌のタイトニングに効果がある、お肌を電子レンジでチンする治療「サーマクール」を参照)。つまりフォトフェイシャルは、たった一台でシミ取りも、赤ら顔も、お肌のタイトニングもしてしまおうという非常に欲張りな治療なのです。

フォトフェイシャルの特徴

フォトフェイシャルは、シミ取りも行えるし、赤ら顔にも効く、その上お肌のタイトニングもできる。そう書くととってもいい治療に感じられますが、世の中そんなに甘くはありません。

レーザー治療の仕組みをもう一回思い起こしてみてください。何かを治療するには非常に強いエネルギーのレーザー光が必要です。お肌のタイトニングを行うにはその目的のためだけに光のエネルギーを用います(お肌のタイトニングに効果がある、お肌を電子レンジでチンする治療「サーマクール」を参照)。同じように、シミ取り(赤ら顔)も、シミ取り(赤ら顔)のためだけに特化された光のエネルギー(レーザー光)を用います。強いエネルギーをひとつの目的(タイトニング、赤ら顔、シミ取りなど)のためだけに使っても、効果が、なかなか現れない例があります。そんな状況なのに、フォトフェイシャルは光のエネルギーを、シミ取りにも、赤ら顔にも、その上お肌のタイトニングにも分散させているため、1回の治療ではほとんど効果が出ません。1回の治療でシミ取りにも、赤ら顔にも、その上お肌のタイトニングにも効果が出るような強いエネルギーをお肌に照射したら、お肌は完全に修復不可能なダメージを受けてしまうからです。
フォトフェイシャルは、副作用の心配も少なく安全な治療法ではありますが、複数回の治療を定期的に受け続ける必要があります。個人差はあるようですが、フォトフェイシャルの効果を実感するためには5回程度の治療を受ける必要があります。

フォトフェイシャルの持続期間は約半年

フォトフェイシャルによる治療の効果は約半年でなくなります。
そのため、フォトフェイシャルの効果を維持させるには、定期的な治療が必要となります。たとえ1回あたりの治療費が抑えられたとしても、複数回の治療を定期的に行わなければならないことを考慮しなければなりません。

気になる副作用・失敗は?

フォトフェイシャルによる治療は、ダウンタイム(治療後の肌にダメージを伴う回復期間)が少なく、副作用や失敗もほぼ見られないとされていますが、治療効果を上げるために光の出力を強めると、やけど(火傷)を起こしてしまう可能性があります。
また、フォトフェイシャルを受けた後に日焼けをしてしまう(日焼け対策を怠ってしまう)と色素沈着を引き起こします。

効果の持続期間と治療可能部位

フォトフェイシャルでは、ほうれい線や眉間など、深いしわへの治療は効果があまり得られません。

  フォトフェイシャル
ほうれい線
顔・たるみ
しわ・たるみ・若返り
上まぶたのくぼみ・三重まぶた ×
目の下のくま・しわ ×
スキンケア
持続期間

半年

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

北條医師プロフィール

RDクリニック医師、株式会社セルバンク代表取締役、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。