LINE友達追加

メルマガ登録

美容整形と医療・治療の違い

HOME美容整形と医療・治療の違い

美容整形と医療・治療の違い

「美容整形」は、全く違う自分になる(改造する)こと

一重瞼を二重瞼にするとき、一重瞼を「治療する」とは言いません。二重に「整形する」といいます。低い鼻を高くするときも決して「治療する」とは言いません。鼻を「整形する」といいます。

病院で治療を受けるとき、例えばやけどの治療を受ける、骨折の治療を受ける。虫歯を治療する・・・。
皆さんは「この治療はどのくらい持ちますか?」こんなことは聞かないと思います。それは「治療」と「整形」は全く別物だと無意識のうちに認識しているからなのです。

「医療・治療」は、病気や事故、加齢によって失った自分を取り戻す

ケガをしてしまった、やけどしてしまった皮膚は「治療」します。同じようにエイジングしてしまった肌も「治療」する対象です。美容整形のように新しく手を加えるのではなく、本来の姿に戻してあげるだけです。
肌の老化に対し、美容整形により手を加えた場合、体が元の状態に戻ろうとする力が働くことで徐々に整形の効果がなくなってきます。
肌の老化を治療した場合、本来の状態に戻るだけなので、治療の効果がなくなるという概念がありません。
RDクリニックの肌の再生医療は「医療・治療」です。

治療と整形における効果の考え方

美容整形による、くま・しわ・たるみの除去方法

整形による、ほうれい線などのシワの除去方法
整形による、目の下のクマ、たるみの除去方法

医療・治療による、くま・しわ・たるみの改善

肌の再生医療による治療の効果

肌の再生医療は、くま・しわ・たるみなどの老化症状を「整形」ではなく「治療」することができます。
上図のように、くま・しわ・たるみ等それぞれの症状に対して対処するのが整形ですが、肌の再生医療は、老化症状の根本の原因(肌細胞の減少・機能低下)を直接改善することで、くま・しわ・たるみといった老化症状を根本から治療します。肌そのものの治療になるので、老化症状だけでなく、肌のハリも戻ってきます。注入された肌細胞は、そのままあなたの肌細胞として定着し、活動(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成とメンテナンス)を続けるのでその期間は老化の進行を遅らせることができます。
エイジングした肌を治療出来ることが、肌の再生医療の大きな特徴のひとつです。

対症療法ではない、根本医療であること

「症状を抑える」か、「病気を治す」か。

根本治療と対症療法という言葉をご存知でしょうか。例えば、ほうれい線にお悩みの方は、ヒアルロン酸を注入してシワになっている部分を持ち上げることで、ほうれい線自体を見えにくくすることが出来ます。
これが、「対症療法」と呼ばれる治療です。見た目の効果はすぐに出ますが、ほうれい線ができた「肌の状態」自体は改善しているわけではないので、注入したヒアルロン酸が体内に吸収されれば、ほうれい線も元に戻ります。
では肌の再生医療はどうなのかというと、ほうれい線ができる原因から改善します。ほうれい線の原因は、肌細胞の減少です。肌細胞が少なくなった部分がたるみ、それがシワになり、ほうれい線などの見た目に現れるようになります。
肌細胞を注入して増やすことで、ほうれい線ができる前の肌細胞が沢山ある肌の状態へと復活させます。
症状を抑えるのではなく、原因から治療すること、これが「根本治療」です。

他の美容医療との違い