LINE友達追加

メルマガ登録

よくあるご質問(Q&A)

HOME よくあるご質問(Q&A)一覧 症状について

症状について

目の下のくまにも本当に効くのですか?

目の下のくまにとても有効な治療です。
目の下のくまに関して、ご自身の肌細胞を移植する肌の再生医療は有効だと言われています。
この理由は、目の周りの皮膚は、皮膚の中でもっとも薄く、他の美容法(注入物)は利用が難しい(禁忌の部分)と言われています。
肌の再生医療は、真皮層を改善する治療法ですので、目の周りの老化(特にくま・しわ)改善に有効な治療法と言われています。
それが女性医師をはじめ、多くの医療関係者に選ばれている理由の1つです。
目の下のくまの原因は、いくつかの条件はありますが、日内変動がある、つまり日によってまたは体調によって『くま』が強く出たり薄らいだりする場合には、加齢などによる皮ふの菲薄化(うすくなる)が一番の原因です。
この皮ふの菲薄化を根本的に治療するには、ご自身の肌細胞を増やして移植することで、真皮層の厚みを増やす『肌の再生医療』は有効な治療法といえます。
目の下の皮ふは人体の中で最も薄く0.3〜0.6mm程度です。
0.1mm〜0.2mmの厚さはゆで卵のうす皮と考えて下さい。
背中の皮ふの厚さが 3mm〜5mmですから10分の1程度しかありません。
また目の下の皮ふにはもうひとつの特徴があります。
それはこの極めて薄い皮ふ直下には眼輪筋という筋肉があり、表皮下血管網も直下にあります。
筋肉の色はミオグロビンという色素で赤紫になっています。
血液の赤紫色はヘモグロビンです。ミオは筋肉、ヘモは血液という意味です。
ミオグロビン、ヘモグロビンとも酸素の飽和度によって、また筋肉疲労の乳酸、血糖値により色調が変化します。
疲れがたまった…体調が思わしくない…となるとこの色素は変化するのです。
この変化した色素(発色ミオグロビン、ヘモグロビン)が菲薄化した目の下の皮ふから透けて見えるのが『くま』です。

目立つ毛穴の改善は出来ますか?

毛穴の改善はあまり望めません。
RDクリニックの治療は皮ふの再生医療(培養皮ふ技術)がベースにあり、皮ふそれも真皮部分の再生・補充を行います。
従って角質(表皮部分)の問題点の改善は望めません。
ただ、多くの場合角質に問題があるようでも、真皮の再生を行うことにより皮ふのトラブルが改善される場合もございます。
症状によって改善の見込める具合もことなります。詳しいご相談をご希望でしたら、医師による無料カウンセリングを受けられることをお薦め致します。

ニキビに効果はありますか?

ニキビには効果がありませんが、ニキビ跡の改善は可能です。
肌の再生医療で、ニキビ跡の改善効果も期待できます。 真皮組織に注入した肌細胞(線維芽細胞)が働きだし、コラーゲンなどの皮膚組織を生成することで真皮層に厚みや弾力性を生じさせ、凹みを改善します。

キズは治りますか?

効果は未知数ですが、ご相談ください。
キズの程度にもよりますが、肌の再生医療は皮ふの再生です。
それも真皮部分の再生のみになります。
そういった観点から、キズの具合を拝見してみないと何とも言えませんが、効果は未知数です。
初回カウンセリングは無料ですので一度お越しいただければ、拝見し、どの程度まで改善が望めるか、ご説明いたします。

シミに効果はありますか?

残念ながら効果はありません。
シミは皮ふの一部にメラミン色素が異常に増えた状態ですので残念ながら効果はありません。

ホームページで紹介されている部分以外(額のしわなど)にも効果はありますか?

額のしわにも有効です。部位に制限はありません。
肌の再生医療(RACS療法)は自分自身の肌のコラーゲンを作る細胞(真皮繊維芽細胞)を移植する治療法ですので、部位に制限はなく肌の老化改善が期待できます。
ただし肌のコラーゲンを作る細胞(真皮繊維芽細胞)の補充ですので、肌の張りが再生されて効果が実感できる部位は真皮層の老化で肌が薄くなった部位が多いようです。
額のしわにも有効ですが、これまで治療を行ってきた経験上、満足感が得られるのは目の周りや、ほうれい線が多いです。

目の周り(たるみ・しわ・くま)の皮膚のうすいところにも注入できるのですか?

目の周りも安心して治療できます。
肌の再生医療は、ご自身の細胞を注入しますのでたとえ目の周りの皮膚のうすいところでも安心して治療をお受けいただけます。
目の周り(たるみ・しわ・くま)の皮膚は、皮膚の中でもっとも薄く、他の美容法(注入物)は利用できない(禁忌の部分)と言われています。
肌の再生医療は、異物ではなくご自身の肌細胞を注入します。
女性医師や美容意識の高い方に多く選ばれております。

首のしわにも効果はありますか?また、あぶなくないですか?

改善効果は見込まれます。安全性は問題ございません。
首のしわが気になる方が多く、実際に肌細胞を注入されている方もいらっしゃいます。
その理由は、ご自身の細胞を注入するという安全性とその自然な改善効果からです。
しかし、このような方にはお勧め致しません。
・アゴから首(クビ)にかけて皮膚がジャバラ状にたるんで、折り重なるようになっている方
・外科的な手術を希望されている方
肌の弾力を作る真皮線維芽細胞を増やす治療であり、肌機能を改善する治療となります。
治療をされている方は、その安全性と自然な効果により、大変満足されていらっしゃいます。

目の下のたるみが気になります。日頃の改善策はありますか?また肌の再生医療は効果はありますか?

目の周りの筋肉を鍛えましょう。再生医療はたるみにも有効です。
目の下のたるみの原因は、
(1)目の周りの筋肉が衰えることで、脂肪層を支えきれなくなったため
(2)真皮層の老化に伴い、肌にハリが失われたため
と考えられています。

まず、日頃の改善策についてですが、これは(1)の目の周りの筋肉を鍛える方法です。目の周りの筋肉は、眼輪筋といい、目を守る脂肪層をぎゅっとつかんでいるのですが、老化により支える力が衰えて、重力にまけて目の下がふくらんだようになって垂れてきてしまうのです。

<眼輪筋を鍛える方法>
1. 正面を向く
2. 上まぶたを下まぶたにくっつかない程度まで下げるように目を細める
3. 目を細めた状態を維持したまま、眉毛をグイッと引き上げる
(難しいかも知れません)
4. この状態を維持したまま10回鼻で深呼吸する
5. ゆっくりと眉毛を元にもどし、目を開く

これを数セット行います。眼輪筋は衰えやすい筋肉なので、お風呂に入っている時など、お時間があるときにこの方法をお試しなさってください。

続いて、肌の再生医療は目の下のたるみに効果があるのかについてです。
肌の再生医療は、真皮線維芽細胞を培養し補充する医療です。真皮線維芽細胞とは、真皮層にある細胞です。
若いときの真皮層は、ぷるぷるとハリと弾力性があり、脂肪層を支えているのですが、年齢を重ねると、ハリを失い弾力がなくなるので、脂肪層を支えきれなくなってきます。
その原因は、真皮線維芽細胞の老化・減少です。肌の再生医療は、耳の裏から元気な真皮線維芽細胞をとってきて、目の下のたるみに注入する医療で、真皮層の機能改善が目的となります。

ほうれい線を消したい。簡単な解消方法はありますか?

顔の筋肉を鍛えましょう。また、再生医療はほうれい線に有効です。
ほうれい線は、ほほ全体のたるみによるもの、というのはご存知ですか?たるんだ頬を支えているところにしわがよる、これがほうれい線です。
ではなぜ頬がたるむのか、その原因は
・筋肉の老化
・真皮の老化
です。
簡単に解消できる方法は、顔の筋肉を鍛えることです。真皮と筋肉がはさむようにして脂肪層があります。
頬全体の脂肪層が筋肉の老化・真皮の老化により支えきれずたるんでしまい、その結果、ほうれい線が現れます。
ですので、脂肪層を支えている筋肉を鍛えることをオススメいたします。顔筋トレーニングで検索するとたくさん方法が出てきますのでお試しください。

また、日頃から出来ることを挙げますと、
●話すときに滑舌よくはっきり話す
●よく噛む
●表情を意識する(つまり顔の筋肉の動きを意識する)
などがあります。
しかし、「そんなに筋肉を鍛えるために動かして、シワにならない?」というご質問を頂きます。筋肉を動かすことでシワが出来ることは実際に考えられます。筋肉を動かすことによって出来るしわは、筋肉と脂肪層の上にある、真皮の老化が原因です。わかりやすく例えますと、若い時は、筋肉の上に、弾力性がありプルプルとしたコンニャクのようなものが乗っています。筋肉がどんなに動いても、コンニャクも動きにあわせて動きます。
しかし、年齢を重ねると、コンニャクが粘土のようになります。筋肉を曲げると、曲がったところの粘土にシワがよるのはイメージができますでしょうか?
このコンニャクと粘土に例えた部分が、真皮層となります。真皮層のケアもシワ対策には必要です。ほうれい線が気になり、まだ治療したくないという方は、まず顔の筋肉を鍛えることをおすすめいたします。
肌の再生医療では、ご自分の肌に細胞を注入し肌のハリを取り戻すことで、ほうれい線が改善します。