LINE友達追加

メルマガ登録

初めての方へ

HOME初めての方へ

RDクリニックの3つのポリシー

1 初めて来院された方(初診時)の治療の申し込みはいつでも自由にキャンセルができる。

「初めて来院された方(初診時)は、緊張などから、正常な選択が出来ない可能性がある。」これが我々の1つめのポリシーです。もちろん、初診時に血液検査をされたり、皮膚採取の予約をとられて帰られる方が多くいらっしゃいます。
しかし、この時点(初診時)の治療の申し込みは、あくまで仮予約です。いま一度、家に帰って、よく考えて、そして冷静になり結論をお出しください。当然、その結論が、皮膚採取予約のキャンセルであっても、これは患者様の当然の権利と考えております。キャンセルにより違約金などが発生することはございません。

2 治療に少しでも不安や迷いがあるときには、治療をしない。

もともと、RDクリニックの原点は熱傷治療用の培養皮膚事業です。そして現在、我々は心筋梗塞の治療用の心臓幹細胞(国内で第一例目の移植が2018年6月に実施)や、変形性膝関節症治療(2018年6月現在、動物実験実施中)の研究開発を手掛けています。
熱傷、心筋梗塞などの治療は、「今すぐにでも行わなければならない医療」です。しかし、RDクリニックの医療は、これらの医療とは異なり「今すぐにしなくても、何の問題もない医療」です。これが我々の2つめのポリシーです。少しでも不安や迷いがある段階で「今すぐにしなくても、何の問題もない医療」を勧める理由など何もありません。

3 高額治療(広範囲)と低額治療(小範囲)であれば、低額治療(小範囲)から勧める。

「100人いたら100人とも完全に満足する治療方法などこの世の中には存在しない」これが我々の3つめのポリシーです。低額治療(小範囲)をしてみて、結果に満足したならば、その時点で治療範囲を広げればいいのです。しかし、高額治療(広範囲)をして不幸にも結果に満足できなかった場合、患者さんはつらい思いをしてしまいます。もちろん症例写真や事例などを事前にお見せしてご説明しますが、100%満足というわけにはいかないのが現状だからです。