ニキビ跡の改善に、ご自身の肌細胞を注入する肌の再生医療|肌の再生医療(専門)RDクリニック

ニキビ跡の改善

効果が最も自然な「肌の再生医療」でニキビ跡を改善
副作用・失敗のない最も安全な方法でニキビ跡を改善

肌の再生医療で、ニキビ跡の改善効果もあります。真皮組織に注入した肌細胞(線維芽細胞)が働きだし、コラーゲンなどの皮膚組織を生成することで真皮層に厚みや弾力性を生じさせ、凹みを改善します。

肌細胞補充療法(肌の再生医療)でニキビ痕を改善。米国で論文も発表されています

ニキビ跡ができる原因:ニキビの強い炎症にさらされていると、真皮内にあるコラーゲンなどの皮膚組織がニキビの炎症を抑えるために破壊されて、傷ができたのと同じ状態になります。その治癒過程で、破壊された皮膚組織はきれいな皮膚を作ることができず、凸凹になって残ってしまいます。また、サイトカイン(免疫細胞から分泌されるタンパク質で、細胞に情報伝達をする役割がある)が過剰に生成され、ケロイド状の跡が残ってしまう場合もあります。

しわやほうれい線、目の下のくまなどの老化が気になる部分の改善とともに、ニキビ跡の治療に肌の再生医療を併用される方もいらっしゃいます。

肌の再生医療のプランのご案内
【体験モニター募集中】2017年3月31日まで!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP