プラセンタと肌の再生医療との違い|肌の再生医療(専門)RDクリニック

プラセンタと肌の再生医療との違い

肌の再生医療と、プラセンタの比較

プラセンタの効果・作用

プラセンタの歴史は戦前までさかのぼります。受精卵という細胞を赤ちゃんまで育てあげる胎盤の神秘力・生命力に注目し、その胎盤を、病気の方の体内に直接埋め込むという医療が行われていました。誰のモノかわからない胎盤を消毒もせず使う。今から考えると非常に野蛮ですが、特に肝障害(肝炎、肝硬変)の方々に効果を発揮していました。当然ながら、感染症、異物反応、拒絶反応など好ましくない事例も多く起こり、次第に廃れてしまいました。

しかしその後、胎盤の中にあるアミノ酸の複合体(有効成分)が、細胞に直接働きかけ再生させることがわかりました。その成分だけを抽出したのが現在のプラセンタです。プラセンタの有効成分は肝細胞だけではなく、肌の細胞再生にも深く関与し、美容効果がある事も確認されており、それが現在の美容皮膚科でのプラセンタ治療になっています。

プラセンタの問題点・副作用・トラブル

現時点でプラセンタには、重大な副作用はないとされています。しかし、稀にアレルギー反応・ショック症状、過敏症が見られたり、痒みや発疹がでたり、注射部位が硬くなったりすることがありますが、非常に稀な副作用ですので心配はありません。

ただし、もとは他人(もしくは、他の動物)の胎盤の一部を異物として、体内に摂取するわけですから、過去にプラセンタによる治療を受けた経験がある方は、現在献血をすることが出来ません。

プラセンタの治療可能部位と効果の持続時間

1回のプラセンタ注射の持続効果は長くて数週間。ほとんどすべての方が、定期的に治療を受けています。

肌の再生医療は、単純にしわやたるみの軽減効果だけではなく、肌質そのものを改善させることができ、持続効果も数年(目安としては2〜3年程度)維持することができます。

  肌の再生医療 プラセンタ
 ほうれい線 ×
 顔・たるみ ×
 しわ・たるみ・若返り
 上まぶたのくぼみ・三重まぶた
 目の下のくま・しわ
 スキンケア ×
 持続期間 数年以上 数日〜数週間

その他の読まれている関連ページはこちら

部位別・お悩み別「肌の再生医療」解説ページ

  • 口元のたるみ

    口元のたるみ

    口元がたるむとなお一層加齢の度合いを強めてしまいます

  • 首のシワ

    首のシワ

    女性の年齢が顕著に表れるのが「首」です

  • 手のシワ

    手のシワ

    年齢としてよくあわれるのが「手の衰え」です

  • ニキビあと

    ニキビあと

    肌の再生医療で、ニキビ跡の改善効果もあります

他の美容法と肌の再生医療との違い

  • プラセンタ

    プラセンタ

    1回のプラセンタ注射の持続効果は長くて数週間

  • ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸は対症療法です。しわ、たるみへの根本治療ではありません。

  • コラーゲン

    コラーゲン

    部分的な保湿・ハリの改善に有効ですが、体内に吸収されやすいです。

肌の再生医療のプランのご案内
【毎月10名様限定】リアルタイムモニター様を募集しています!
私たちの再生医療
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付

お電話でのご予約・ご相談はこちらから

  • カウンセリングはこちら
  • メール相談はこちら
  • 資料請求はこちら
  • 資料ダウンロードはこちら
TOP