若返りの仕組み

肌の老化は、肌細胞の衰えから
肌の構造について
肌の再生医療の若返りの仕組み

肌の構造について

肌細胞は、肌の真皮の中で、若さを保つために働いています。
肌細胞が減ると
コラーゲン ヒアルロン酸 エラスチン
肌細胞が作る「若さの3大要素」

肌は表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立ち、肌にハリを与えるコラーゲン、潤いを与えるヒアルロン酸、弾力性を維持するためのエラスチンは、肌細胞によって作り出されます。肌細胞は、肌の真皮の中でその3大要素を生成し、肌の若さを保つために働いています。

肌の再生医療の若返りの仕組み

老化した肌
ストレスや紫外線により肌細胞自体がダメージ。

ストレス・紫外線・乾燥など、様々な原因から肌細胞はダメージを受け、機能が衰え、数も減ってしまいます。肌細胞が衰えることで、肌に必要な3大要素も作り出されなくなり、シワ・タルミ・クマなど、老化の原因になります。

肌細胞を注入
あなた自身の細胞自体を注入し、肌組織を修復。

「肌の再生医療」によって、あなた自身の肌細胞を約10,000倍に培養・活性化し、あなたの肌に戻します。注入された肌細胞が、衰えてしまった肌組織を修復するため働き出します。(肌の3大要素を作り出す)

老化現象が改善された肌
肌そのものが、本来の若さを取り戻す。

肌細胞の働きにより肌組織が改善されたことで、肌そのものが本来の若さを取り戻します。また、注入した肌細胞はヒアルロン酸などとは違い体内に吸収されることがなく、長期に渡り老化速度を遅らせることができます。

肌の再生医療の治療可能部位
肌の再生医療と他の美容法との違い
肌の再生医療による治療
ご不明な点がございましたらコールセンターまでお電話ください。RDクリニックコールセンター 0120-31-0044 受付時間10:00〜19:00
肌の再生医療のプランのご案内
リアルタイムモニター様を募集しています
LINEでお問い合わせ受付中 24時間受付
ページの先頭へ