目尻のしわの改善|肌の再生医療(専門)RDクリニック

目尻のしわの改善

加齢とともに出現する「目尻のしわ」を、最も安全で、自然と言われる再生医療で。

「目尻のしわ」の主な原因は、肌の弾力性の低下です
お肌の再生医療で解消できます

目尻のしわの主な原因は、肌の弾力性の低下がベースにあり、眼輪筋の働きで笑いじわ(表情じわ)が消えなくなってしまったものです。例えて言うなら、肌はゴムのようなものです。伸びきったゴムは元には戻りません。伸びきったゴムが表情筋によって「よれジワ」ができてしまったというところでしょうか。肌もお年を召してくると衰え、弾力感を失いみずみずしさも一緒に失ってしまいます。

手っ取り早くしわを消したいなら、その部分を切り取って縫い縮めてしまう、ボトックスを注射して表情筋が働かないようにするのもひとつの考えです。さらにお手軽な方法として、しわの真下にコラーゲンやヒアルロン酸といった充填剤を埋め込んでしまえば、しわが盛り上がって、あたかもシワが消えたようになります。

しかし、目尻のしわは皮ふの弾力性の低下がそもそもの大原因ですから、この部分を何とかするだけで、ほとんどの例は気にならなくなります。ただし、表情じわがくっきりと刻み込まれてしまったような場合には、いったん眼輪筋の動きを止めるボトックスを使うのも有効です。

目尻のしわ(カラスの足跡)

目尻のしわ

カラスの足跡なんていわれることもありますが、この言葉は死語かもしれません。目尻にできるしわは、眉間にできるしわとともに「表情じわ」の代表です。眉間にできるしわが「怒りじわ」と呼ばれるのに対し、目尻のしわは「笑いじわ」とよばれ、印象は眉間の表情じわに比べても決して悪くはありません。また、表情じわは、表情筋の働きにより起こるので、老若男女誰にでも出現します。若いときには気にならなかった表情じわ。それが気になるのは皮ふの衰えと密接に関連しているのです。ほうれい線も表情じわの一種と考える人もいますが、その根拠は、「衰えと共に笑った後(表情を作った後)にできるほうれい線がなかなか消えなくなる」というものです。目尻のしわも、若いときには、笑った時だけ出ていたのに、年と共にだんだんと消えにくくなり、やがて笑っていなくとも目尻にカラスの足跡のようなしわがそのままになってしまいます。ほうれい線、眉間、目尻、これらの表情じわの原因の共通点は、全て皮ふ(お肌)の弾力性の低下です。表情じわができてしまっても、弾力性のある若い皮ふ(お肌)のときにはすぐに戻っていたものが戻らなくなることによって起きる現象です。

目尻のしわへの表情筋トレーニング

目尻のしわへの表情筋トレーニング

あまり否定的なことを書きたくありませんが、目尻のしわの改善のを目的とした表情筋トレーニングは百害あって一利なしです。もしどうしても目尻のしわの改善のために表情筋トレーニングをしたいというのであれば、絶対に目尻にしわを寄せないで表情筋を動かすようにしてください。また、医師として、あまりテレビ番組を引用して話したくはないのですが、NHKに「ためしてガッテン」という番組があります。その番組内では、多くの医師などの専門家が表情筋トレーニングの有効性について疑問を投げかけていました。私もまったく同じ意見なのです。すべからく全ての表情筋トレーニングを否定するつもりはありませんが、表情筋は本来鍛えることのできない筋肉である内臓筋に近い存在というのが学術的な定説です。従い表情筋は内臓筋を鍛えることが出来ないと一緒で鍛えることはできません。もちろん、人体は謎なことがまだまだ多いので、表情筋トレーニングの賛否は、何とも言えないということにしておきましょう。

目尻のシワに対する治療

以下の4種類の治療について各々説明していきます。

手術療法、金の糸、切らないリフティング(切らないフェイスリフト)

目尻のしわに対するメスを用いた治療(手術)はほとんどありません。以前、大学病院に勤務していた時(文責:北條元治)、美容整形外科医がメスを用いて目尻の皮ふを縫い縮めた症例を見たことがあります。とても悲惨なことになっていました。現在でもたまに知識のない医師が美容整形外科医としてメスを握っている場合もあるので、目尻には手術療法は無いという事を覚えておいてください。また、糸(金の糸を含む)を入れる切らないフェイスリフトというものが存在していますが、それがどのようなものであれ吸収されない人工物の人体への投与は慎重になってください。目尻のしわの改善が目的ということであれば、むしろ糸(金の糸を含む)を入れる切らないフェイスリフトは第一選択肢にはなりません。

目尻のしわに対するヒアルロン酸やボトックス

ヒアルロン酸とボトックスは目尻のしわに対する対症療法であり、根本治療ではありません。例えば表的な対症療法である解熱剤には、効果の有効期限(クスリが切れてきたから、また熱が上がり始めた…)があるように、ヒアルロン酸とボトックスにも「薬が切れてきたから、しわが出始めた…」があります。
ヒアルロン酸は、あくまで充填剤(フィラー)です。皮ふを若返らせる効果も、しわを消す効果もありません。単に溝の下に充填し、その部分(溝)を盛り上げるだけです。ボトックスの登場以来、目尻のしわに対してヒアルロン酸を使う医師は激減しました。なぜなら、ボトックスはヒアルロン酸にありがちな「ボコボコになってしまった」「いまいち効果がはっきりしない」「効果がすぐなくなってしまう」という様々なデメリットをことごとく克服しましたからです。さらに、ボトックスはわが国でも薬事承認が取れた薬剤ですので、安心して安価に手軽に使うことが出来る薬です。

目尻のしわに対するレーザー治療

表情じわである眉間のしわと同じく、目尻のしわに対するレーザー治療は第一選択にはなり得ません。

目尻のしわに対する再生医療

冒頭でも書きましたが、表情じわは老若男女にできます。しかしお年を召してくると皮ふ(お肌)が老化により弾力性を失い、出来たしわがなかなか元通りにならなくなり、やがて固定されたしわになってしまいます。
さて、老化、衰えの本質とは何でしょう。老化とは、我々のカラダを構成する細胞そのものの能力の低下(質的低下)、さらに細胞の数の減少(量的低下)のことです。
老化の象徴である骨粗鬆症という状態(病気)は、骨を構成する細胞の質の低下、並び細胞量の減少です。骨を構成する細胞(骨細胞)の量的かつ質的な低下により骨の形は変わらなくとも、骨の中がスカスカになります。そして転んだだけでもスカスカの骨ではすぐ骨折してしまいます。
お肌、つまり皮ふの老化現象(老人用顔貌)も例外ではありません。老化とは人体を構成する細胞の量的・質的低下のことですが、質的低下は根本的な対策を取ることが出来ません。逆に言えば人体を構成する細胞の量的低下(つまり数が少なくなってしまう)は対応が可能です。例えば大やけどで皮膚を失った人(量的低下、ないしは皮膚を構成する細胞が無くなってします)には、もともとある皮ふ細胞の大量コピーで大やけどを治療する方法があります(培養皮ふ)。またスポーツなどで軟骨が減った(量的低下)には培養軟骨という方法が実用化されています。このような技術を再生医療と言います。
目尻のしわに対する治療にも当然この再生医療が有効となります。しかし、肌の再生医療とは言っても万能ではありません。なぜなら、目尻のしわは皮ふだけの老化で起こる現象ではないからです。理想的には、皮ふ、表情筋(筋膜)、脂肪の3つの要素に対してアプローチするのが良いのですが、なかなかそのような治療方法がないのも現実問題です。従い再生医療を含め、目尻のしわの治療方法には全てにメリットがありますがデメリットもあります。完全無欠の治療方法など無いという事を先ずは肝に銘じてください。再生医療による目尻のしわ治療は老化の根本部分である細胞の量的低下に最も効率よくアプローチする治療方法で、ヒアルロン酸やボトックスなどの対症療法と違い、根本治療です。しかし、最も大きいデメリットは手間暇がかかる。それに応じて価格が高いということが挙げられます。ですから、先ずは安全で手軽なボトックスから治療を始めるというのも一つの考えです(RDクリニックは再生医療専門ですので、ボトックスのお取り扱いはしておりません)。

このようなお悩みをお持ちの方に肌の再生医療による目尻のシワ治療をオススメします

  • 最近目尻のしわが気になるようになった
  • 目尻のしわとともに小ジワも目立っている。
  • 目の下にも、同様の症状が出始めた
  • 目尻に出る化粧ジワが特に気になる
  • 今はそんなに気にならないが、確実な予防手段を探し求めている
  • 目尻のしわのためだけに、自分を変形させる美容外科はイヤ
  • ダウンタイムが長い美容整形はイヤ

このコンテンツは私が書きました

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RDクリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」から、ご自身の血小板を使った美容医療「セルバンク・プレミアムPRP皮膚再生療法」まで再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせた治療法をご提案しております。

肌の再生医療のプランのご案内
【体験モニター募集中】2017年3月31日まで!
LINEのメッセージにてお問い合わせ受付中 24時間受付
TOP