LINE友達追加

メルマガ登録

肌細胞のすごい働き

HOME肌細胞のすごい働き

肌細胞は、肌を形成する「3つの要素」を作り出します

肌細胞は、肌にハリや潤いを保たせる大切な役割を担っています

肌細胞は、肌にハリや潤いを保たせる大切な役割を担っています。

肌細胞(真皮線維芽細胞)とは肌の真皮に存在し、肌を形成するヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどを生成するとても重要な細胞です。ケガをしても傷が自然に治るように私たちの肌をいつも同じ状態に維持するために重要な役割を担っており、言わば肌の再生工場ともいえます。

肌細胞が作り出す3つの要素

  • 肌にハリを与えるコラーゲン線維

    肌にハリを与えるコラーゲン線維

    コラーゲン線維は、真皮の70〜80%を占める最も重要な要素です。肌にハリや弾力性を持たせます。例えるなら、免震構造の「柱」。表皮と皮下組織を支えています。

  • 潤いを与えるヒアルロン酸

    潤いを与えるヒアルロン酸

    なんとたった1グラムで500グラムの水分を抱え込むことができる高分子多糖類の1つです。プルプルとした状態になって、いつも同じ量の水を含んでいるようコントロールしています。表皮の潤いにも影響します。

  • 弾力性を維持するためのエラスチン

    弾力性を維持するためのエラスチン

    エラスチンは、「柱」であるコラーゲン線維をとりまくように存在し、肌に柔軟性と弾力性を持たせます。例えるなら「バネ」。お肌を指で押しても押し返してくれるのはコラーゲン線維も含め、エラスチンのバネのような働きのおかげです。

肌細胞は年々減少していきます

肌細胞は年々減少していきます

肌細胞の大敵、気を付けるべき3要素

肌に大敵な3つの要素

肌にとても大切な働きをする肌細胞にとって、大敵な3要素があります。年齢による老化のみならず、紫外線活性酸素など日々のストレスによって確実にその数が減少してしまいます。その結果、肌はハリを失い、シワやたるみ等、肌の悩みが生じることとなります。

肌細胞は、年齢とともに減少し、その働きも弱まります。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは日々新しいものが生み出され、古いものと置き換わり、肌の維持を繰り返しています。しかしながらその新生と代謝のバランスが崩れることで肌の構造が変化し、肌の悩みとして現れます。その原因は、肌に存在する肌細胞の減少です。

肌細胞の減少=シワ・たるみ・クマの原因

肌の老化現象が進むと、コラーゲンの再生能力が弱まり、細胞分裂能力も弱くなります。
肌細胞(真皮線維芽細胞)は、年齢を重ねることだけでなく、紫外線、活性酸素など日々のストレスによって減ってしまい、その結果として肌はハリを失い、シワやタルミなど、肌の悩みが生じることとなります。

肌細胞を増やすには・若返りの仕組み

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

お悩みの部位はどちらですか?