LINE友達追加

メルマガ登録

おでこ(額)のしわを改善

RDクリニック 部位別・症状別で選ぶ肌の再生医療おでこ(額)のしわを改善

おでこ(額)のしわの正体とは

おでこのシワ

おでこのしわは、表情の変化により起こる表情じわの代表的なものになります。表情じわとは表情筋のひとつである「前頭筋」の働きによってできるものの総称です。
表情筋によるしわは老若男女誰にでも起こる現象ですが、肌の老化による弾力の低下により、表情じわが元に戻りづらくなり、徐々に深いしわとなって刻まれていきます。

おでこ(額)のしわの特徴

おでこにできるしわは、他の顔の中にできるしわと比べて特徴的な点があります。
老化の症状として、おでこのしわでお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、おでこのたるみを訴えられる方は非常に少数です。
では、おでこと同様に比較的のっぺりとした平面構造の頬はどうでしょうか。多くの方がフェイスラインがたるんだとか、頬がたるんだと、たるみでお悩みの方が多く、頬のしわでお悩みの方は少ないでしょう。ただし、ほうれい線の近くの場所も頬という言葉を用いて表現していらっしゃる方は、もちろん「頬のしわ」という表現を用います。
このように、おでこの「たるみ」を口にされる方が少なく、「しわ」を気にされる方が多いのには、おでこにある医学的特徴があるからです。
まずおでこには皮下脂肪が少なく、すぐ下にのっぺりとした前頭骨という骨があります。そしてもっとも特徴的なのが、おでこ(額)の皮ふは、その下の表情筋と所々でくっついている(癒着している)部分があることです。このことは、10歳の子供でも眉間やおでこの表情筋を動かせば、しわが出来ることからも理解できます。

おでこ(額)のしわの原因

それでは、年齢を重ねることによっておでこのしわが目立つようになるのはどうしてか。それは肌の弾力性が影響しています。
若い時の肌は弾力があるので、表情筋の動きによってしわが出来ても、まるでコンニャクのようにすぐに元に戻ります。しかし肌の潤いと弾力性を支える肌細胞は、加齢や紫外線、活性酸素などにより減少していき、50歳になると20歳の頃の約3分の1になってしまいます。老化によって弾力が失われた肌は、しわになった部分を元に戻す力が弱くなってしまうので、粘土のようにしわがどんどん戻りづらくなり、徐々に深いしわとして刻まれてしまいます。

おでこ(額)のしわの改善方法

おでこのしわは、肌細胞の減少により弾力性が失われた肌が、表情じわを支えきれなくなったために起こります。
おでこのしわを防ぐためには、肌細胞が沢山詰まっている肌の状態をキープすることが重要です。つまり、肌細胞が減少する要因でもある紫外線、乾燥、活性酸素に対して、しっかりと対策することで、おでこのしわを予防することができます。
しかし、一度深く刻まれてしまった表情じわを改善することは非常に難しく、美容医療による治療が必要になります。

ボトックス治療

おでこ(額)へのボトックス治療

ボトックスは、筋肉の動きを抑える薬品を注射し、表情筋によるシワの発生を抑える治療です。おでこ(額)に出来るしわの原因が表情筋よるものであれば、その部分に直接アプローチするボトックスは非常に効果的な治療法です。しわを消すということに関しては効果的ですが、ボトックスを使用した後の状態変化があるということを認識しなければなりません。
無表情な顔になった。かえって眠そうな顔になった。てかてかした顔になった。などはよく聞く副反応(副作用ではありません)です。
効果の持続期間は数ヶ月程ですが、効果はすぐに出現する治療になります。

ボトックスについて

ヒアルロン酸治療、レーザー治療

ヒアルロン酸はフィラー(充填剤)と呼ばれ、凹んだ部分の皮下、若しくは筋肉下に注入、充填することにより膨らませる材料のことです。簡易な治療としてよく用いられますが、個人的(文責:北條元治)にはヒアルロン酸を行うのであればボトックスの方がよい治療だと思います。レーザーはほとんど効果が無いと考えた方がいいでしょう。

肌の再生医療

再生医療は真皮にある肌細胞を増やすことで、おでこの肌に再び弾力とハリを取り戻す治療になります。肌に弾力が戻ることで表情じわを元に戻す力がよみがえり、おでこのしわに作用していきます。
直接しわを消したり目立たなくする治療ではないため、効果の出現には1ヶ月〜半年ほど時間がかかりますが、加齢や紫外線、乾燥によるダメージを受け、老化が進行してしまった皮膚(お肌)を根本的に治療することが出来ます。
根本治療として非常に効果的ですが、治療後すぐに効果が出現することはありませんので、すぐに効果を得たい場合は、ボトックスやヒアルロン酸などの治療を行い、時間がかかっても自然に治療を行いたい場合は、肌の再生医療を選択する等、状況に合わせた治療方法を選ぶことが重要です。

肌の再生医療についてはこちら

症例写真はこちら

  • Before

    症例写真 Before

    70代女性 治療前

  • After

    症例写真 After

    治療2年11ヶ月後

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
の再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

北條医師プロフィール

RDクリニック医師、株式会社セルバンク代表取締役、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。