LINE友達追加

メルマガ登録

よくあるご質問(Q&A)

HOME よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問TOP5

効果はどのぐらい続くのでしょうか?

約2〜3年と、長期的な効果が期待できます。
治療後1〜3ヵ月程度で改善効果が出始め、その後2〜3年続きます。
老化速度を遅くする効果につきましては、治療効果がゆっくりと推移するのは、肌の修復が人の手によってではなく、あなた自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)によって行われるからです。
また、効果の消失は次のように説明されます。
皮膚の中では常に、新生と老化が同時に進行しています。
新生は肌細胞によって真皮成分が新しく生み出されること、老化は出来上がった真皮成分が古くなり壊れていくことだとお考えください。
若いときは細胞も元気で「新生>老化」となっているため肌の張りは維持されていますが、年齢とともに「新生<老化」に傾き肌の衰えが目立ってきます。
肌の再生医療は大量の肌細胞を補充することによって、このバランスを再び「新生>老化」に引き戻す効果をもたらします。
ただ、細胞は生きており、少しずつ衰えていくため、この効果が永遠に続くことはありません。
そしていずれは「新生<老化」に再び傾いてしまいます。さらに、肌に有害な作用(紫外線、喫煙、ストレスなど)が加われば、細胞の衰えに拍車がかかり、効果の消失も早まります。

初診でお支払いする金額はいくらですか?

初めての診療時は料金は発生しません。
初めての診療時は、無料のカウンセリングのみ行います。
まずはカウンセリングで、皮膚の組織等からご説明し、治療内容・効果についてご説明いたします。ご不明な点や、お肌のお悩みなど、何でもご相談ください。
カウンセリング後は当日のお話を踏まえて治療に進むかをご検討していただくために基本的に一度お帰りいただいておりますが、ご希望がございましたら血液検査を受けることが可能です。(血液検査は細胞を培養する上で必要な検査となります)

その場合は、下記の料金が発生します。
初診料 5,000円+血液検査料 10,000円 = 15,000円
※上記は全て税抜表示です。
※当クリニックの診療方針として、 カウンセリング終了後すぐに治療を勧めるようなことは行っておりません。
カウンセリング当日は一旦お帰りいただき、治療に進むかをよくご検討していただき、治療を受けてみようと決心されたとき、改めてご連絡をしていただくようにしております。

治療後の腫れ方はどんな感じですか?ダウンタイムはありますか?

腫れは1〜3日間、長くて1週間ほどとなります。
治療する部位による違いや個人差もございますが、自分自身の細胞を補充するだけなので、皮膚の薄い目の下以外ですと若干の腫れが見受けられます。
ダウンタイムも個人差がございますが、腫れは1〜3日間、長くて1週間ほどとなります。
治療後の腫れやダウンタイムについて詳しくはお気軽にお問合せください。

効果に年齢制限はありますか?

年齢による制限はございません。
過去に年齢が理由で治療を断念された方は1人もいません。
当クリニックを治療された方で、最高齢は80代の方です。
「若い肌細胞を保管して───」と説明があることから、『現在○歳なんですけど、○歳の肌細胞でも肌を若返らせる力はありますか?』という疑問を抱く方も多くいらっしゃいます。
肌の再生医療は、ご自身の細胞を移植して真皮層の肌細胞を増やす治療です。
ご本人にとって、『今』が一番若い状態、出来るだけ早い時期に細胞を保管することについて、「未来の自分へのプレゼント」だと治療を受けていただいた方におっしゃっていただいたことがございます。
肌の再生医療に年齢の制限はございませんが、若く元気な肌細胞を保管しておくことはまさに「未来の自分へのプレゼント」であると考えております。

移植費用とは何ですか?

肌細胞を注入(移植)する際に必要となる費用です。
お預かりした皮膚から肌細胞を抽出・培養し、移植する際に必要となる費用です。
1ccで、目の下(両側)、ほうれい線(両側)など、気になる1部位への1回の移植が可能で、1ccあたり115,000円(税別)です。
他の美容クリニック等でのヒアルロン酸やコラーゲンの注入費用は、1ccあたり約80,000円〜のところなどもありますので、単純に注入費用を比較すると同じくらいか若干高めとなりますが、
効果の持続期間で比べますと、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入効果は半年ほどで吸収されて無くなってしまうのに比べ、肌の再生医療の効果は、肌細胞が老化するまで続きますので2〜3年と言われています。(個人差がございます) また、ご自身の細胞だけを注入(移植)し若返る治療法なので失敗や副作用のリスクが極めて低い治療です。

よくあるご質問一覧