LINE友達追加

メルマガ登録

若返りの仕組み

HOME若返りの仕組み

なぜ老化が起こるのか

シワやクマ、タルミ、肌質の変化などの肌の老化は、肌細胞の減少・機能低下が原因です。
真皮を構成する3大要素である、肌にハリを与えるコラーゲン、潤いを与えるヒアルロン酸、弾力性を維持するためのエラスチンは、肌細胞によって作り出されます。
肌細胞が真皮の中で3大要素を生成、メンテナンスを行うことで肌の若さを保っています。
しかし、肌細胞は20歳を越えると急激に減少していきます。そして、50歳を越える頃には、20歳の頃の約1/3くらいにまで肌細胞は減少してしまうのです。 つまり、加齢による肌細胞の減少が、肌の老化の原因と言えます。

肌細胞の減少により起こる老化症状

若い頃の肌には、肌細胞がパンパンに詰まっており肌にハリがある状態。年齢を重ねるにつれて肌細胞が減少していき、それに伴い、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸も減少していきます。メンテナンス機能が低下した肌は、肌の厚みやハリがなくなり、たるみやしわが老化症状として現れてきます。

肌細胞の減少により起こる老化症状

肌細胞の減少により薄くスカスカになってしまった真皮層は、ハリや弾力性が失われ、筋肉の動きなどにより繰り返し力が加わることでシワが出来てきます。そして、ハリの衰えた肌が、重みで下がってくることで、たるみが出来ます。

肌の再生医療による若返りの仕組み

肌の老化〜改善の流れ

  • ストレスや紫外線により、肌細胞が減少

    ストレスや紫外線により
    肌細胞自体がダメージ。

    肌細胞の減少は、加齢だけが原因ではありません。ストレス・紫外線・乾燥など、様々な原因から肌細胞はダメージを受け、機能が衰え、数も減ってしまいます。
    肌細胞が衰えることで、肌に必要な要素も作り出されなくなり、シワ・タルミ・クマなど、老化の原因に繋がります。

  • 自分自身の肌細胞を移植

    あなた自身の肌細胞を移植し、
    肌組織を修復。

    「肌の再生医療」によって、あなた自身の肌細胞を約10,000倍に培養・活性化し、あなたの肌に戻します。
    薬品や人工物は一切使わず、純粋にご自身の肌細胞を再び戻すだけなので、移植された肌細胞は若い頃と同じように、衰えてしまった肌組織を修復するため働き出します。(肌の3大要素を作り出す)

  • 肌そのものが、本来の若さを取り戻す

    肌そのものが、
    本来の若さを取り戻す。

    肌細胞の働きにより肌組織が改善されたことで、肌そのものが本来の若さを取り戻します。
    移植した肌細胞は他の細胞と同じように、コラーゲン線維・ヒアルロン酸・エラスチンを生成、メンテナンスを続けてくれるので、ヒアルロン酸のみを注入するといった治療等とは違い、体内に吸収されることがなく、長期にわたり老化速度を遅らせることができます。