LINE友達追加

メルマガ登録

ニキビ跡の改善

HOME 部位別・症状別で選ぶ肌の再生医療ニキビ跡の改善

ボコボコしているクレーター型のニキビ跡

ニキビ跡と呼ばれるものは大きく分けて、3つのニキビ跡があります。
まずは毛細血管のうっ血と炎症によってできてしまう「赤みのあるニキビ跡」、メラニンの色素沈着によってできてしまう「茶色いニキビ跡」。どちらもニキビ跡の中でもメジャーでよくみるニキビ跡です。そして一番厄介なニキビ跡が皮膚が凸凹してしまう「クレーターとよばれるニキビ跡」。コンシーラーやファンデーションでもなかなか隠すことが出来ず、マスクが手放せないといった方もいるかと思います。クレーターとよばれるニキビ跡は、炎症によってできてしまったニキビ跡を放置しすぎてできてしまいます。

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡

ニキビの強い炎症にさらされていると、真皮内にあるコラーゲンなどの皮膚組織がニキビの炎症を抑えるために破壊されて、傷ができたのと同じ状態になります。その治癒過程で、破壊された皮膚組織はきれいな皮膚を作ることができず、凸凹になって残ってしまいます。また、サイトカイン(免疫細胞から分泌されるタンパク質で、細胞に情報伝達をする役割がある)が過剰に生成され、ケロイド状の跡が残ってしまう場合もあります。

副作用・失敗のない安全な「肌の再生医療」でニキビ跡を改善!

肌の再生医療で、上記で解説した「クレーターとよばれるニキビ跡」を改善することができます。
真皮層に注入したご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)が働きだし、コラーゲンなどの皮膚組織を生成することで、凸凹だった真皮層に厚みや弾力を生じさせ、クレーターの凹みを改善します。
肌の再生医療でニキビ跡を改善したことはアメリカの論文でも発表されています。

論文検索サイトより

RDクリニックでは、しわやほうれい線、目の下のくまなどの老化が気になる部分の改善とともに、ニキビ跡の治療に肌の再生医療を併用される方もいらっしゃいます。

肌の再生医療でニキビ跡を改善

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

お悩みの部位はどちらですか?