LINE友達追加

メルマガ登録

若い肌細胞を保管する 細胞保管セルバンク

HOME 若い肌細胞を保管する 細胞保管セルバンク

肌細胞の保管とは何ですか?

例えば、「今」の肌細胞を保管し、10年後、老化の気になる部位へ「10年前」の若いままの肌細胞を注入。自分の細胞で肌機能を若返らせる最新の医療です

細胞保管セルバンクとは

細胞保管「セルバンク」とは、一言で表現すると『肌細胞の銀行』です。 あなたの「今」の肌の細胞を冷凍保存しておき、肌の衰えが気になりだした時に保管した当時のままの肌の細胞を『補充する』ことで、肌を若返らせて肌の張りや潤いを回復させる治療法です。

「肌細胞の保管」の実際の利用イメージは?

今のご自身の肌細胞を保管して、1ヶ月後・6ヶ月後・1年後・5年後・10年後…
将来、老化の気になる部位に移植して治療します。

今の一番若い細胞を採取

  • 耳の裏から、肌細胞を採取

    〆の一番若い細胞を採取

    顔の周囲の肌の中でも、紫外線の影響を受けにくく、肌年齢が最も若い耳の裏から肌細胞を採取します。採取した肌細胞は、細胞培養センター (CPC)にて10,000倍に培養されます。

  • 耳の裏から、肌細胞を採取

    ∈の一番若い細胞を保管

    -196℃で凍結保存することで、採取・培養した若い肌細胞をそのままの状態で半永久的に保管します。

  • 耳の裏から、肌細胞を採取

    O群集従櫃竜い砲覆詆位に移植

    何年経っても、保管した当時と変わらない若い肌細胞を使って治療を行うことが可能です。

「老化現象の改善」と「老化速度を遅くする」

肌の再生医療の大きなポイントになるのが、移植した肌細胞によって起こる2つの効果。

老化現象の改善

老化速度を遅くする

この2つの効果は「肌の再生医療」でしか得られません。

肌細胞を保管しておくメリットは、自分の細胞で若返りが出来ることです。あなた自身の細胞を補充する治療ですので、安全性も高く作用と効果は自然です。
RDクリニックでは既に10000件を超える症例数があります。

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

お悩みの部位はどちらですか?