LINE友達追加

メルマガ登録

ボトックスの効果と再生医療との違い

HOME ボトックスの効果や問題点、再生医療との違いについて

肌の再生医療とボトックスの比較

治療の効果やどんな副作用があるのか、持続効果はどのくらいなのか。ボトックスの気になる点をご説明いたします。

治療可能部位と持続期間

  肌の再生医療 ボトックス
ほうれい線 ×
顔・たるみ ×
しわ・たるみ・若返り
上まぶたのくぼみ・三重まぶた ×
目の下のくま・しわ ×
スキンケア ×
持続期間

根本治療

数ヶ月〜半年

ボトックスの持続効果は、数ヶ月から半年。また2回目・3回目と続けると効果が出にくくなると言われています。
肌の再生医療は、単純にしわやたるみの軽減効果だけではなく、肌質そのものを改善させることができ、根本治療になるので、持続効果という概念がありません。移植した肌細胞はあなたの細胞として、他の細胞と同じように肌のメンテナンスと維持し続けます。

この違いには、理由があります。

ボトックス

多血小板療法(PRP療法など)やレーザー治療(フラクセルなど)、 高周波治療(サーマクールなど)など、「自分自身の肌細胞に働いてもらう」治療と比較しても、「肌の再生医療」には、とても大きな違いがあることをご存知ですか?

ボトックス効果・作用

ボトックスは米国アラガン社の商品名で、眼科、神経内科の領域で、筋肉の弛緩効果を利用して眼瞼・顔面痙攣などの治療に以前から用いられていました。しわ取りなどの効果が認められ、アンチエイジングの領域にもボトックスが応用されるようになってから急速にその使用が拡大しました。
ボトックスの主要成分は名前から推察されるとおり、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium botulinum)、クロストリジウム属菌(Genus Clostridium)のA型毒素(Botulinum Toxin A)です。その薬理作用はアセチルコリン分泌阻害であって、一過性の筋肉麻痺を生じ、眉間や額、目尻のシワなどの表情筋の一過性麻痺がその本体です。
結果、皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮がシワの発生に大きく関与している部分には非常に有効です。つまり手術などの従来の方法では、治療が難しいとされた表情筋によるシワに対して、ボトックスは非常に効果があります。

ボトックスの問題点・副作用・トラブル

ボトックス注入後数時間の頭痛やまぶたが重たく感じたり、注入量が多すぎると眼瞼や眉毛の下垂が起こります。その他にアレルギーや注入による内出血などがあげられます。
また、長期間にボトックス治療を続けていくと、ボトックスに抗体ができて効果がなくなる可能性があります。

肌の再生医療の安全性について

ボトックスの体験談

ボトックスを注射する際に、注入量が多すぎると表情筋の動きを抑制しすぎてしまい、表情が乏しくなったり眼瞼や眉毛が下がったりしてしまいます。 このようなことを防ぐために、ボトックスを注入する量を注意しなくてはなりません。
しかしボトックスの効果は一過性なので、仮に術後の結果が気に入らなかったり副作用がでたりしても数ヶ月我慢すれば元に戻るのでご安心してください。いずれにせよ、ボトックス注射の経験が豊富なドクターを慎重に選ぶ必要があると思います。

RDクリニックの肌の再生医療について

真皮線維芽細胞を増やす治療は肌の再生医療だけ。
そのため美容意識の高い方や医療関係者の方に多く選ばれています。


シワなどの老化症状の原因となる肌細胞(真皮線維芽細胞)の減少に対し、患者様自身の肌細胞を増やして移植するだけで老化症状を根本から治療するという高い安全性は勿論、従来の美容外科や皮フ科で行われる治療効果を、より良く引き出すための基本(ベース)となる治療とも考えられることから、美容意識の高い方や美容のプロである皮フ科の女医さんにも選ばれています。

肌の再生医療とは

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

お悩みの部位はどちらですか?