LINE友達追加

メルマガ登録

真皮線維芽細胞(肌細胞)

HOME肌の再生医療を知る真皮線維芽細胞(肌細胞)

真皮線維芽細胞について

私たちの体は1個の受精卵が細胞分裂を繰り返して出来たものです

肌細胞を説明するときに、まずはこんなお話をします。この文章を書いている私(文責:北條元治)も、この文章を読んでいるあなたも、時間をどんどん遡ってゆけばたった一つの細胞にまで行き着くことが出来ます。そう、受精卵です。私たちのカラダは1個の受精卵が細胞分裂を繰り返して出来たものなのです。従って肌にも肌の細胞、即ち肌細胞があるのです。
しかし肌細胞という医学的用語はありません。正確には真皮線維芽細胞と言います。私が10年以上前に「肌の再生医療」を日本で始めたときに、患者さんに真皮線維芽細胞を理解してもらおうと思いついた言葉が肌細胞です。肌細胞…医療関係者なら何のことかわけが分からない怪しい言葉ですが、医療関係者ではない方々からすると、肌細胞と言われたら、何となく皮膚を作っている細胞だなとピンとくる言葉なのです。肌の再生医療を始めたときに、真皮線維芽細胞を説明するときに、真皮の中のコラーゲン線維を作りだす芽(大元)の細胞。とも説明していました。

肌細胞ってなに?

真皮線維芽細胞の写真

そもそも細胞とは何でしょう。一言で言うと細胞の働きは様々なたんぱく質を作ることなのです。上の項目でも書きましたが、私たちはたった一つの受精卵という細胞から始まりました。そして分裂を繰り返した細胞は、細胞本来の働きであるタンパク質を作ることを始めます。受精卵から始まった細胞分裂は皮ふの細胞である真皮線維芽細胞になってから皮膚を構成するコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、ラミニンといったたんぱく質を作り始めます。ただし、常に肌細胞(真皮線維芽細胞)がコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、ラミニンといったたんぱく質を作り続けているわけではありません。皮ふのコラーゲンなどのたんぱく質が、紫外線やフリーラジカルなどで壊されたときには、壊された量だけ新たに作られることになります。無尽蔵にコラーゲンが作られるわけではないのです。
また、すりむいたなどといった皮ふのけがをしたときにも細胞は盛んにコラーゲンなどのたんぱく質を作り始めます。(医学用語ではこれを創傷治癒機転といいます)。つまり皮ふを作り出す工場のようなものが真皮線維芽細胞(肌細胞)なのです。
メスや注射器を使わないレーザー治療と総称される光、電磁波。そして超音波などを用いた治療は、ほぼ例外なく、真皮線維芽細胞(肌細胞)にダメージを与えて創傷治癒機転を利用し、コラーゲンなどのたんぱく質を作らせ、結果、コラーゲンリッチな皮ふを作ろうとする治療です。真皮線維芽細胞(肌細胞)をターゲットにする詳しい治療方法は次の項目で解説します。

肌細胞が作り出す3つの要素

  • 肌にハリを与えるコラーゲン線維

    肌にハリを与えるコラーゲン線維

    コラーゲン線維は、真皮の70〜80%を占める最も重要な要素です。肌にハリや弾力性を持たせます。例えるなら、免震構造の「柱」。表皮と皮下組織を支えています。

  • 潤いを与えるヒアルロン酸

    潤いを与えるヒアルロン酸

    なんとたった1グラムで500グラムの水分を抱え込むことができる高分子多糖類の1つです。プルプルとした状態になって、いつも同じ量の水を含んでいるようコントロールしています。表皮の潤いにも影響します。

  • 弾力性を維持するためのエラスチン

    弾力性を維持するためのエラスチン

    エラスチンは、「柱」であるコラーゲン線維をとりまくように存在し、肌に柔軟性と弾力性を持たせます。例えるなら「バネ」。お肌を指で押しても押し返してくれるのはコラーゲン線維も含め、エラスチンのバネのような働きのおかげです。

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

北條医師プロフィール

RDクリニック医師、株式会社セルバンク代表取締役、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。