LINE友達追加

メルマガ登録

よくあるご質問(Q&A)

HOME よくあるご質問(Q&A)一覧 安全性について

安全性について

他の人の細胞を間違って使われてしまうことはありませんか?

厳密な管理体制にて扱っておりますので絶対にありません。
厳密なID管理や、独立したクリーンベンチレーションで、一人ひとりの細胞を個別に扱っていますので、絶対に他の人の細胞を間違って使うことはありません。
大学などで行っている保管自己血輸血と同じ管理です。
さらに当院が委託している株式会社セルバンクでは、DNAの一致試験を治療前に行っています。
大学でも行っていない遺伝子レベルでのチェックまで行うのは、過剰反応であるという意見もありますが、当院は「人間のやることには、ミスが起こりえる」という前提で、最大限の安全性を追求します。

他の人の細胞を注入するとどうなりますか?

注入部位に炎症・拒絶反応が起こると予見されます。
母娘で来院され、自分(娘さん)の若い細胞を母にあげたいのだけれど…こう質問される方もいます。
親子関係があるといっても、半分は他人(半分は父親)ですので、赤の他人の細胞を注入したと同じで注入部位に、炎症・拒絶反応が持続(数週間〜1ヶ月)すると考えられます。
ただし、全ての方に対し、受け入れ検査で、エイズ、肝炎、白血病ウィルスなどのチェックを行っているため、全身的な健康被害はありません。

治療した部位としなかった部位で不自然な差はでますか?

不自然な差が出ることはありません。
紫外線を浴び続け、肌細胞が死滅した部位と、そうでない部分、例えば、首と肩にあきらかな境界線が無いのと一緒です。

内出血や腫れが残ることはありませんか?

小さな内出血は稀にございます。腫れが残ることはございません。
小さな内出血が、ごく稀にございます。ただし化粧で隠せる程度のものになります。
治療後、腫れが残ることはございません。

「美容整形をした」と思われてしまうことはありませんか?

ありません。
肌の再生医療は、形を変える治療でも異物を入れる治療ではなく、ご自身の細胞を移植して、増やすという治療法なのでまずありません。また治療をされた方の中で、美容整形をした?と聞かれたというお声は一度も聞いておりません。ご安心ください。

細胞を培養(増殖)させることで「がん」などの危険性はありませんか?

ありません。
がん細胞には、以下のような3つの特徴的な性質があります。

(1)非対称性分裂(asymmetric division)
  自分とは違う細胞になり、それを繰り返します。

(2)不死化(Immortal Cell)
  正常な細胞は時期が来ると死滅してしまいます(アポトーシス)。
  がん化した細胞は死ぬことがありません。

(3)自立的増殖
  通常の細胞は、仲間が監視しあい、異常増殖を抑えます。
  しかし、がん化した細胞は、仲間にお構いなく、自立的に増え続けます。

「再生医療」や「細胞培養」では、ガン化の問題が話題に上がります。
それは、ES細胞やiPS細胞など、今話題になっている細胞が、多機能(上記3つの性質)を持ち、がん細胞と類似しているためです。

一方、肌細胞(真皮線維芽細胞)は、すでに分化した細胞(上記3つの性質を持たず、肌にしかならない細胞)ですので、がん細胞の性質とは大きく異なります。
ですので、肌細胞は安全な治療として臨床応用されているのです。

細胞を移植して何か問題は起きないのですか?

自分の細胞を使いますので、安全性が非常に高いです。
ただし、注射による小さな出血があることや、非常に稀なケースとして小さな青あざなどが見られることはありますが、数日程度で治ります。気になる際はいつでもお電話いただくようお伝えしております。また、感染も含めた合併症および副作用は見られません。
RDクリニックはカウンセリングの時間に重きをおいております。カウンセリングにて、私達がご提供できること、ご来院された方がご希望になることが一致した上で治療に進みます。
問題点や不安な点など、どんなことでもかまいません、気になることはカウンセリングにてご質問下さいませ。

妊娠中も肌の再生医療を受けることができますか?

妊娠の可能性のある方は、必ず医師にご相談ください。
妊娠は女性にとっても家族にとっても人生の中で最も重要なイベントの一つかもしれません。しかし、どんなに医学が発達しても、死産、流産、先天異常などを無くしてしまうことは出来ません。残念ながら、これらはある一定の確率で発生してしまいます。
さらに、死産、流産、先天異常などを経験された方のほとんどは、自身の妊娠前のイベントをこう思ってしまうのも事実です。精神的に追い込まれる方もいます。
「若いころ、コンビニ弁当を電子レンジでチンして食べてたからだ」
「あの時、着床してるとは知らずに風邪薬飲んじゃったからだ」
もちろんこれらのイベントが、死産、流産、先天異常などと医学的な関連があるとは証明されていません。しかし、逆に言えば、医学的な関連が無いことなどは絶対に証明などできませんので、このように思ってしまうのかもしれません。
妊娠の可能性のある方が肌の再生医療を受け、後に死産、流産、先天異常などのイベントを経験してしまった場合「こんな治療(肌の再生医療)を行ってしまったからだ」そう、心理的に思ってしまうことは想像に難くありません。そして、場合によっては精神的に追い詰められる事態にもならないとも限りません。もちろん妊娠に関しても「肌の再生医療」は非常に安全な治療です。ですが、肌の再生医療に限らず、歯科治療、風邪薬すべての医療行為が妊娠期間中に行わない方がいいとされるのは、当該医療行為が、妊娠にとって非常に危険だからという訳ではなく、余計な精神的負担を負ってほしくないという側面の方が強いのです。