LINE友達追加

メルマガ登録

ゴルゴ線(ゴルゴライン)治療

HOME 部位別・症状別で選ぶ肌の再生医療ゴルゴ線(ゴルゴライン)治療

ゴルゴ線(ゴルゴライン)とは?

マリオネットラインとは

眼頭の部分から頬の中央に沿って斜め下方に直線的なくぼみ(ライン)のことです。漫画の「ゴルゴ13」の頬にある線が似ていることからゴルゴ線(ゴルゴライン)といつのころからか呼ばれたものです。もちろん医学的用語ではありません。同じく顔にできる老けた印象を与えるほうれい線は、実は子供にもあります。一方、ゴルゴ線(ゴルゴライン)は子供のころにはありません。無かったものが加齢によって出現したものですから、ほうれい線より、より一層、老けた感じを強く印象付けるのかもしれません。

ほうれい線やマリオネットラインは、ほぼすべての人に出現する加齢ジワで30代後半から少しずつ出現し、お年を召した50代くらいから明らかに目立ってきます。しかしゴルゴ線(ゴルゴライン)は全ての人に出るというわけではありません。主に骨格や顔面の皮下脂肪の量やその分布によって出る人もいれば出ない人もいます。えくぼのように、出来る人もいればできない人もいると考えるのがいいと思います(もちろん、笑った時にできるえくぼと違い表情を作らないときでも常時出ています)

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が現れるまで

ほうれい線は程度の差こそあれ、性差、年齢に関わらず全ての人に必ずありますが、ゴルゴ線(ゴルゴライン)は出来てしまう人もいれば、全く出現しない人もいます。しかし、基本的に若年者にはゴルゴ線(ゴルゴライン)がある人が少なく、ご高齢になるに従いゴルゴ線(ゴルゴライン)がある人の割合が高くなってきます。従い特にできてしまった人にとっては悩みの種になりうる溝、ラインです。
ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインなどのお顔にできる「しわ」は、性質がそれぞれ異なっています。ほうれい線は、皮ふ(肌)そのものが衰えてできるしわです。つまり加齢により皮ふ(肌)のハリ・弾力が低下し、皮ふ(肌)が薄くなって皮ふそのものが変形し溝ができてしまったものです。一方、ゴルゴラインは、マリオネットラインと同じく主な原因は表情筋、筋膜の衰えです。しかし、お年を召した人には必ず出てきてしまうマリオネットラインと違い、ゴルゴ線(ゴルゴライン)は必ずしもお年を召した人全員にできるのものではありません。そのためゴルゴ線(ゴルゴライン)の原因には、顔面皮下脂肪の分布や、骨格のファクターも大きく関与しているのです。
頬骨の張っているひと(頬骨が飛び出している人)はゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来にくく、欧米人のように扁平な頬骨を持つ人にはゴルゴ線(ゴルゴライン)が多くみられます。そしてゴルゴ線(ゴルゴライン)の出来る位置は、ほとんどが眼輪筋下縁あたりですから、皮ふと眼輪筋下縁に何らか生まれつきの癒着(えくぼ)が原因の場合もあります。しかし多くの場合、皮下脂肪の減少と表情筋の衰えから来るすきまが出来てそのシルエットが外から見えてしまう現象なのです。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が現れるまで

ゴルゴ線(ゴルゴライン)と表情筋トレーニング

ゴルゴ線(ゴルゴライン)を消すために表情筋トレーニングはどうでしょうか?
ゴルゴ線(ゴルゴライン)の出来る最も大きな原因が表情筋の衰えであるならば、表情筋を鍛えることでゴルゴ線(ゴルゴライン)が予防、若しくは治るのではないか?そういう意見もあります。結論から言うと表情筋トレーニングはゴルゴ線(ゴルゴライン)に対してはあまり効果がありません。しかしゴルゴ線(ゴルゴライン)に対しては悪さもしませんので、ゴルゴ線(ゴルゴライン)を悪化させることもありません。医学的に表情筋は動かしても(エクササイズしても)、あまり鍛えることが出来ない筋肉であるというのが医学的見解です。
ただし、適度な表情筋による運動は血行を良くするなどの効果がありますが、過度にやり過ぎるとむしろ、新たなしわを作るのでやめた方がいいでしょう。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来ないような日々のケア

タバコや睡眠不足を避け、肌や表情筋に強い負担をかけないことです。
表情筋の運動もメリットが少ないのでオススメしません。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の治療

マリオネットラインの治療には
・手術的な治療
・レーザー治療
・再生医療による治療

以上の大きく分けて3種類の治療があります。それぞれのメリットデメリットを説明します。

まず、人間は60兆個の細胞からできています。老化とは、我々のカラダを構成する細胞そのものの能力の低下(質的低下)、さらに細胞の数の減少(量的低下)のことです。老化の象徴である骨粗鬆症という状態(病気)は、骨を構成する細胞の質の低下、並び細胞量の減少です。骨を構成する細胞(骨細胞)の量的かつ質的な低下により骨の形は変わらなくとも、骨の中がスカスカになります。そして転んだだけでもスカスカの骨ではすぐ骨折してしまいます。お顔の老化現象(老人用顔貌)も例外ではありません。理想は、皮ふ、表情筋(筋膜)、脂肪の3つの要素に対してアプローチするのが良いのですが、なかなかそのような治療方法がないのも現実問題です。以下の治療方法がどこにアプローチするのか?それを理解して治療方法を選んでください。全てにメリットがありますがデメリットもあります。完全無欠の治療方法など無いという事を先ずは肝に銘じてください。

1.ゴルゴ線(ゴルゴライン)の手術的治療

フェイスリフトと呼ばれる大がかりな手術と、糸などを用いた低侵襲の簡易的な手術があります。
結論から言うと、手術的なフェイスリフトも糸などを用いた簡易的なフェイスリフトも、どちらとも大きな効果は見込めません。もちろん有効な例もあるのでしょうが、何よりゴルゴ線(ゴルゴライン)はお年を召すことによってそれが出る人もいれば、出ない人もいる症状です。従い、どんな医者が行っても同じ効果が出るとか、どのような患者が施術を受けても同じ効果が見込めるといった定型的手術術式が存在しないことが手術治療の有効性に疑問を投げかけているのでしょう。
いずれにしても、糸を用いた簡易フェイスリフトも含め相当熟練した医師によるカウンセリング、施術が必要な症状ということだけは言えましょう。

2.ゴルゴ線(ゴルゴライン)のレーザー治療

まず、レーザー治療とは① 皮ふ(肌)、② 皮下脂肪、③ 表情筋・筋膜といった顔貌を形作る(老化顔貌の変化は①②③の衰えが原因!)要素の①皮ふ(肌)にアプローチします。
言い換えるとレーザー治療は②皮下脂肪、③表情筋・筋膜には何らのアプローチもしなければ、改善もしないため注意が必要です。ゴルゴ線(ゴルゴライン)とは、その症状が出てくる人もいれば、出てこない人もいます。
そういった観点から、レーザー治療によるゴルゴ線(ゴルゴライン)の治療には慎重になった方がいいでしょう。

3.ゴルゴ線(ゴルゴライン)のヒアルロン酸、ボトックスなどの注入療法

マリオネットラインの出来てしまう原因から考えるとボトックスはほとんど効果がないと考えられます。どこのクリニックでもボトックスによるゴルゴ線(ゴルゴライン)の治療は行っていないと推察されます。理由はゴルゴ線(ゴルゴライン)ができる原因が、顔面の脂肪の萎縮と下垂であって、表情筋をマヒさせるボトックスの治療は何の効果ももたらさないからです。
ヒアルロン酸の注入療法もその作用機序である「膨らませる」を考えると、有効な例があると推察できます。ただ注意が必要なのは、表情筋と皮膚に何らかの癒着が起こっていて、結果ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出来る場合、その癒着部分を単純に膨らませんるヒアルロン酸は効果がないばかりではなく、皮ふと表情筋の癒着以外の部分を膨らませかえってゴルゴ線(ゴルゴライン)が目立つという結果になりかねないので、注意が必要です。
いずれにせよ、注入療法では根本的に何の解決にはならないと考えられます。

4.ゴルゴ線(ゴルゴライン)の再生医療

確実に言えることは、ゴルゴ線(ゴルゴライン)が出て気になっている人は、例外なく「年を取って気になりだした」「昔は無かったのにこの頃気になりだした」「衰えを感じる」…お皮膚のハリの低下によりより一層その溝(ライン)が強調されるのも事実です。老化の本体は(皮膚に限らず)、カラダを構成する細胞そのものの能力の低下(質的低下)、さらに細胞の数の減少(量的低下)であることは治療の項目の冒頭にも書きました。

① 個々の細胞そのもののポテンシャル・能力が衰える(質的低下)
② 身体を構成している細胞そのものの数が減る(量的低下)

再生医療、特に肌細胞を補充する肌の再生医療は、残っている肌細胞そのものも活性化させますし(①)、CPCと呼ばれる細胞培養施設で量も増やして補充・移植することで量的な低下にも対応します。
受けてみても決して悪くない治療ですし、手術、レーザーで効果が無かった例にも十分効果が期待できる治療です。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)の再生医療

症例写真はこちら

  • Before

    症例写真 Before

    40代女性 治療前

  • After

    症例写真 After

    治療5ヶ月後

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

お悩みの部位はどちらですか?