LINE友達追加

メルマガ登録

まぶたのくぼみ・三重まぶたの改善

HOME 部位別・症状別で選ぶ肌の再生医療まぶたのくぼみ・三重まぶたの改善

まぶたのくぼみ・三重まぶたとは

三重まぶた・まぶたのくぼみ

顔が老けて見えてしまう原因は、ほうれい線やたるみ、シワなど様々ありますが、目元も大きく印象が変わります。
とくにまぶたが深くくぼんでしまったり、三重まぶたは老けて見られてしまいます。また老けて見えるだけでなく、疲れてみえてしまったり、暗い印象にもなってしまいます。

では、三重まぶたや目のくぼみは解消することができるのでしょうか。
三重まぶたや目のくぼみの治療は、美容整形による手術や脂肪注入、ヒアルロン酸の注入など様々な治療方法がありますが

RDクリニックでは、手術や脂肪注入、異物の注入を一切行わず、
ご自身の細胞を移植する「肌の再生医療」で三重まぶたや目のくぼみのお悩みを解消いたします。


ご自身の細胞を移植するので、安全性が高く、自然な若返り効果があるので、
本来の自然な若さを取り戻すことができます。

三重まぶた・まぶたのくぼみの原因

三重まぶた・まぶたのくぼみの原因は、大きく分けて2つあります。
まずは目の周りの筋肉の老化です。目の周りの脂肪を支える力が老化することにより、脂肪が下がります。その脂肪がさがることでくぼみができます。
もう一つは、目の周りのお肌の老化(肌細胞の減少)です。
加齢やストレスなどにより、肌細胞が減少し、その結果肌が薄くなり目の周りがくぼんでしまいます。

なぜ加齢により、まぶたはくぼむのか?

その主役は眼窩内脂肪(眼球の周りにある脂肪)と、それをサポートする皮膚や眼輪筋(目の周りにある筋肉)です。眼窩内脂肪は大切な眼球を包み込むようにして存在しています。眼球が柔らかい脂肪の中にプカプカ浮かんでいるというイメージです。眼輪筋などの筋肉や結合組織、さらに皮膚が眼窩内脂肪(眼球の周りにある脂肪)をサポートする堤防のような役割をしています。この堤防の力が弱くなると、重力の力で、上方(上まぶた)にあった眼窩内脂肪が下方(下まぶた)に下がってきます。そうすると、下まぶたでは皮膚がたるみ、『くま』を作り、上まぶたでは皮膚がくぼむのです。

上まぶたのくぼみは上眼瞼陥凹症とも呼ばれていて、老けた印象以外にも不健康なイメージや、陰鬱な印象を与えてしまいます。これは、眼窩内脂肪(眼球の周りにある脂肪)の萎縮と、眼輪筋(目の周りにある筋肉)の弛みにより起こります。

眼窩内脂肪は、そもそも大切な眼球を包み込むようにして存在しています。
眼球が柔らかい脂肪の中に浮かんでいるようなイメージをしていただけると分かりやすいかと思います。

ところが、眼の周りにあるさまざまな物が堤防のような役割をしていて、この堤防の力が弱くなると、重力の力で上まぶたにあった眼窩内脂肪が下まぶたに下がってきます。

このような原因で、上まぶたでは皮膚がくぼんできます。 一方下まぶたでは『くま』ができたり、たるんだりしてきます。また三重まぶたは、皮膚の張り具合の変化か、あるいは以前のまぶたの動かし方と今現在のまぶたの動かし方が変わってしまったためということになります。
それはつい最近変わってしまったのではなく、実はあなたが気づかないうちに、長い年月をかけて徐々に皮膚の張り具合もまぶたの動かし方も変わってきており、そうした変化が、ある時点でまぶたの表面に現れたと推測されます。

肌の再生医療で三重まぶた・目のくぼみを消す

RDクリニックの肌の再生医療は、メスで切って縫ったりすることなく、あなた自身の肌細胞を培養・増殖して、皮膚が薄くなった部位(目の上下)に移植します。移植した肌細胞はコラーゲンなどを作り始めます。そうすると、皮膚は厚くなり、薄い皮膚では支えきれなかった脂肪を支えられるようになります。
肌の再生医療は、メスを入れたり異物の注入等は行いません。
あなた自身の細胞で、あなた本来の若さを取り戻す医療です。
上まぶたのくぼみや三重まぶたをあきらめないでください。肌の再生医療で改善しましょう。

肌の再生医療の治療・特徴はこちら

肌細胞による治療は、たるんでしまった皮ふが眼窩内脂肪の変化に抵抗できなくなり出てくる症状を改善します。しかし構造的に眼窩内脂肪のたるみや眼輪筋のたるみには対処できないので、その効果の限定的といっていいでしょう。しかし肌そのもののたるみには非常に有効な手段なので、症状が軽い人や50代くらいまでのまぶたのくぼみには肌細胞による治療は有効でしょう。なにより再生医療は根本治療としてお肌にアプローチします。
私(文責:北條元治)は、このRDクリニックのサイトで何回か書いてきましたが、美容医療に限らずすべての医療には「対症療法」と「根本治療」の2種類があります。そして、根本治療が可能なのは、その病気(症状)に対する原因がはっきりしている場合だけです。例えば、がんに対する根本治療がいまだに存在しないのは、がんの真の原因が特定できていないからです。大昔、ペストなどの感染症は悪魔の仕業(つまり悪魔が原因)とされてきましたが、現代では、それは目に見えない「ペスト菌」が原因ということがわかっています。従いペストの根本治療が可能になったのです。
例えば、インフルエンザにかかってしまった時。ツライ高熱が出ます。節々や関節が痛くなります。そんなとき、熱を下げて痛みを取る薬を使います。熱を下げて痛みを取る。この作用を持つクスリに以下2種類のクスリがあります。
1. 解熱鎮痛剤(ロキソニン、バファリン、イブ:商品名)
2. 抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ:商品名)
1番目の解熱鎮痛剤は対症療法と呼ばれ根本的な治療にはなり得ない治療です。しかし、2番目の抗インフルエンザ薬は根本治療と呼ばれ「熱を上げて痛みを生む」根本原因のインフルエンザウィルスそのものの存在を消してしてしまう治療です。
さらに、対症療法には効果の作用時間が存在します(解熱鎮痛剤は半日くらいしか効果が継続しません)一方、根本治療には効果の作用時間という概念はありません。肌細胞(真皮線維芽細胞)を用いた肌の再生医療は根本治療に近い概念の治療です。ですので、同じしわを解消する治療でも、ヒアルロン酸やボトックスは対症療法であり、「どのくらい持つのか?」という作用時間の概念がありますが、肌細胞(真皮線維芽細胞)を用いた再生医療は根本治療のため「どのくらい持つのか?」という作用時間の概念がありません。

肌の再生医療で三重まぶた・目のくぼみを消す

症例写真はこちら

  • Before

    症例写真 Before

    50代女性 治療前

  • After

    症例写真 After

    治療4年3ヶ月後

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ

  • まぶたのくぼみ、三重まぶたが気になりだした
  • まぶたのくぼみ、三重まぶたを自然に解消したい
  • まぶたのくぼみ、三重まぶたを気にせず、外出を楽しみたい
  • まぶたのくぼみ、三重まぶたの治療を手軽に行いたい
  • まぶたのくぼみ、三重まぶたのせいで老けて見える
  • 老けてみられるのが嫌だ
  • 今から目のくぼみ、三重まぶたの予防・治療をしておきたい
こんなお悩みをお持ちの方におすすめ

まぶたのくぼみ・三重まぶたに対する他の美容医療や対策

手術療法

冒頭にも書きましたが、目の上のくぼみは加齢とともに眼窩内脂肪が緩んで、支えていた眼輪筋や皮ふが堤防の役割を果たさなくなり、重力で下まぶたに落ちてしまったのが原因ですから、手術で眼輪筋を補強してから下に落ちてしまった目の下の脂肪を切除し、上まぶたには新たに脂肪を移植してあげる。というのが原因を外科的に解決する方法です。症状や程度により脂肪を上まぶたに移植する場合や、眼輪筋の補強をする場合等があるのでしょうが、基本的に有効な治療ですが、目のまわりにメスを入れることで傷の問題は避けて通れません。また、これだけの手術ですからダウンタイムは1〜2週間はかかります。

ヒアルロン酸やボトックス

ボトックスは表情筋を動かなくする薬ですので、何の効果もありません。むしろ上まぶたに打てば、症状は悪化してしまいます。ヒアルロン酸は人体の中で一番薄い皮ふであるまぶたに使用することに慎重な医師が多いのが現状です。ヒアルロン酸はただ単に膨らませるだけですので、眼窩内脂肪のゆるみ下垂という根本に何らアプローチするものではないからです。

レーザー治療

上まぶたに対するレーザー治療は非常に限定的で、ほとんど行っているクリニックは無いと思われます。しかし、目の下にはレーザー治療を行う場合がありますが、その場合には、今回のような目の上がくぼんで目の下に出るくまに対する治療ではなく、あくまで色素沈着などによる目の下のクマに対する治療と考えられます。

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
を再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

お悩みの部位はどちらですか?