LINE友達追加

メルマガ登録

まぶたのくぼみ・三重まぶたの改善

RDクリニック 部位別・症状別で選ぶ肌の再生医療まぶたのくぼみ・三重まぶたの改善

三重まぶた・まぶたのくぼみの原因

三重まぶた・まぶたのくぼみの原因は、大きく分けて2つあります。
まずは目の周りの筋肉の老化です。目の周りの脂肪を支える力が老化することにより、脂肪が下がります。その脂肪がさがることでくぼみができます。
もう一つは、目の周りのお肌の老化(肌細胞の減少)です。
加齢やストレスなどにより、肌細胞が減少し、その結果肌が薄くなり目の周りがくぼんでしまいます。

まぶたのくぼみ・三重まぶたに対する治療方法や対策

肌の再生医療

肌は、表皮層と真皮層から出来ており、真皮層にある真皮線維芽細胞という細胞が、肌のハリや潤いの元となる、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出しています。
しかし、年齢を重ねると真皮線維芽細胞も数が減っていき、十分な量のヒアルロン酸等を作り出せなくなる事で、肌のハリや潤いが失われていき「シワ」が出来やすく成ったり、「くぼみ」「たるみ」の原因となる皮下組織を押さえる力が弱くなります。
肌の再生医療は、ご自身から採取した少量の皮膚片から、真皮線維芽細胞を取り出し、専門施設で培養・増殖させ、ハリや潤いが失われ老化してしまった真皮層に移植する事で、真皮線維芽細胞の数を増やし肌の老化を改善させる治療法です。

肌の再生医療についてはこちら

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
の再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

北條医師プロフィール

RDクリニック医師、株式会社セルバンク代表取締役、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。