LINE友達追加

メルマガ登録

まぶたのくぼみ・三重まぶたの改善

RDクリニック 部位別・症状別で選ぶ肌の再生医療まぶたのくぼみ・三重まぶたの改善

まぶたのくぼみ・三重まぶたとは

顔が老けて見えてしまう原因は、ほうれい線やたるみ、シワなど様々ありますが、目元も大きく印象が変わります。
とくにまぶたが深くくぼんでしまったり、三重まぶたは老けて見られてしまいます。まぶたのくぼみは上眼瞼陥凹症とも呼ばれていて、老けた印象以外にも不健康なイメージや、暗い印象を与えてしまいます。

では、三重まぶたや目のくぼみは解消することができるのでしょうか。
三重まぶたや目のくぼみの治療は、美容整形による手術や脂肪注入、ヒアルロン酸の注入など様々な治療方法があります。
RDクリニックでは、ご自身の細胞を移植する「肌の再生医療」で三重まぶたや目のくぼみのお悩みを解消いたします。

三重まぶた・まぶたのくぼみの原因

三重まぶた・まぶたのくぼみの原因は、大きく分けて2つあります。
まずは目の周りの筋肉の老化です。目の周りの脂肪を支える力が老化することにより、脂肪が下がります。その脂肪がさがることでくぼみができます。
もう一つは、目の周りのお肌の老化(肌細胞の減少)です。
加齢やストレスなどにより、肌細胞が減少し、その結果肌が薄くなり目の周りがくぼんでしまいます。

なぜ加齢により、まぶたはくぼむのか?

まぶたがくぼんでしまう原因は、眼窩内脂肪(眼球の周りにある脂肪)と、それをサポートする皮膚や眼輪筋(目の周りにある筋肉)です。眼窩内脂肪は大切な眼球を包み込むようにして存在しています。眼球が柔らかい脂肪の中にプカプカ浮かんでいるようなイメージです。眼輪筋などの筋肉や結合組織、さらに皮膚が眼窩内脂肪(眼球の周りにある脂肪)をサポートする堤防のような役割をしています。加齢・紫外線・乾燥によるハリや潤いの低下によりこの堤防の力が弱くなると、重力の力で、上まぶたにあった眼窩内脂肪が下まぶたに下がってきます。そうすると、下まぶたでは皮膚がたるみ、クマを作り、上まぶたでは皮膚がくぼむのです。
また三重まぶたは、皮膚の張り具合の変化か、あるいは以前のまぶたの動かし方と今現在のまぶたの動かし方が変わってしまったためということになります。
それはつい最近変わってしまったのではなく、実はあなたが気づかないうちに、長い年月をかけて徐々に皮膚の張り具合もまぶたの動かし方も変わってきており、そうした変化が、ある時点でまぶたの表面に現れたと推測されます。

まぶたのくぼみに対する予防と対策

くぼんでしまったまぶたを改善するには、美容医療による治療が必要になります。
ですが目の周り(たるみ・しわ・くま)の皮膚は、皮膚の中でもっとも薄く、デリケートな部分なので、治療を行うクリニック選びや治療方法の選択は慎重に行わなければなりません。
そのため、まぶたのくぼみの進行を抑えるための日頃の対策を行っていくことが重要です。

まず、日頃の改善策についてですが、これは眼輪筋(目の周りの筋肉)を鍛える方法です。目を守る脂肪層をぎゅっとつかんでいるのですが、老化により支える力が衰えて、重力にまけて目の下がふくらんだようになって垂れてきてしまうのです。

<眼輪筋を鍛える方法>
1. 正面を向く
2. 上まぶたを下まぶたにくっつかない程度まで下げるように目を細める
3. 目を細めた状態を維持したまま、眉毛をグイッと引き上げる
(難しいかも知れません)
4. この状態を維持したまま10回鼻で深呼吸する
5. ゆっくりと眉毛を元にもどし、目を開く
これを数セット行います。眼輪筋は衰えやすい筋肉なので、お風呂に入っている時など、お時間があるときにこの方法をお試しなさってください。

そしてもうひとつ重要なのが、くぼみやたるみを抑える堤防の役割を担う「皮膚」のお手入れです。
まぶたのくぼみやたるみは、肌細胞の減少により弾力性が失われた肌が、眼窩内脂肪(眼球の周りにある脂肪)を支えきれなくなったために起こります。肌細胞とは肌の真皮に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸を生成することで肌の潤いとハリを保っている細胞です。
まぶたのくぼみやたるみの症状を予防するには、肌細胞が沢山詰まっている肌の状態をキープすることが重要です。つまり、肌細胞が減少する要因である紫外線、乾燥、活性酸素に対して、しっかりと対策することで、まぶたのくぼみや、目の下のたるみを予防することができます。

まぶたのくぼみ・三重まぶたに対する治療方法や対策

手術療法

目の上のくぼみは加齢とともに眼窩内脂肪が緩んで、支えていた眼輪筋や皮ふが堤防の役割を果たさなくなり、重力で下まぶたに落ちてしまったのが原因ですから、手術で眼輪筋を補強してから下に落ちてしまった目の下の脂肪を切除し、上まぶたには新たに脂肪を移植してあげる。というのが原因を外科的に解決する方法です。症状や程度により脂肪を上まぶたに移植する場合や、眼輪筋の補強をする等、様々な手法が用いられます。基本的に有効な治療ですが、目のまわりにメスを入れることで傷の問題は避けて通れません。また、これだけの手術ですからダウンタイムは1〜2週間はかかります。

ヒアルロン酸やボトックス

ボトックスは表情筋を動かなくする薬ですので、何の効果もありません。むしろ上まぶたに打てば、症状は悪化してしまいます。ヒアルロン酸は人体の中で一番薄い皮ふであるまぶたに使用することに慎重な医師が多いのが現状です。

レーザー治療

上まぶたに対するレーザー治療は非常に限定的で、ほとんど行っているクリニックは無いと思われます。しかし、目の下にはレーザー治療を行う場合がありますが、その場合には、今回のような目の上がくぼんで目の下に出るくまに対する治療ではなく、あくまで色素沈着などによる目の下のクマに対する治療と考えられます。

肌の再生医療

肌の再生医療では、ご自身の肌細胞を培養し、薄くなってしまった皮膚に肌細胞を補充することでハリと弾力を取り戻し、くぼみとたるみを抑える堤防としての役割を蘇らせる治療になります。

肌の再生医療についてはこちら

このコンテンツは私が書きました

このコンテンツは私が書きました

北條 元治 医師

お肌に関することでお悩みの方は、ぜひ一度カウンセリングへお越しください。
RD クリニックでは、ご自身の肌細胞を培養・移植する根本治療「肌の再生医療」
の再生医療専門クリニックとして、お一人お一人のお悩みに合わせてしっかりと
カウンセリングをし責任をもって治療しております。

北條医師プロフィール

RDクリニック医師、株式会社セルバンク代表取締役、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。